自営業(裕也)保険のビュッフェ評判|医療保険・個人年金・終身保険の相談

自営業(裕也さん)の保険のビュッフェ評判|医療保険・個人年金・終身保険の相談

裕也さん

私は男性で45歳、独身の一人暮らしです。
自営業を営んでいますが、保険の知識がほとんどないため保険のビュッフェを使ってみました。なぜそんなことを思ったかというと、父親が糖尿病になって入院してしまったことがきっかけです。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、糖尿病は自覚症状がなく、知らないうちに進行していることがほとんどで、ひどくなると失明や手足の切断など重篤な合併症を引き起こす病気です。
発病すると自然に治ることはないので一生上手に付き合うことが必要になります。

 

2日に一度の透析も必要ですので旅行などで制限を受けることも多々あるようです。
そして糖尿病はほとんどの場合遺伝すると言われていますので、家族に糖尿病がいる人は自分もそうなってしまうリスクがあると思っていたほうがよろしいかと思います。

 

そうして、自営業の自分がもし病気になってしまったらどうしよう、と思ったことが保険に関して知りたいと思ったきっかけです。
会社勤めをしているわけではないですし、自分のことは自分で何とかするしかありません。いざという時に役に立つ商品は無いのかを調べたいと思いました。

 

保険のビュッフェに相談する事に

そんな時保険のビュッフェのことを知り、利用してみようと思った次第です。申し込みをするとプレゼントを選べるというのも嬉しかったです。

 

ネットで申し込むと早速返事が来て、希望の日時を調整します。この時期は申し込みが多いようで、希望の日程がなかなか抑えられませんでしたが何とか調整しました。
メールで連絡を頂き日時と場所を指定します。自宅でカウンセリングを受ける人も多いようですが、私は職場に来てもらうことにしました。

 

保険のビュッフェ相談内容(1回目の面談)

裕也さんを担当した保険のビュッフェFPの名刺

当日は時間通りに保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーの方が来てくれました。ご挨拶もそこそこに、まずはこちらの現況やどういう点を知りたいのかを聞き取り調査していきます。

 

こちらとしては家族に糖尿病がおり、自分もリスクがあること、病気などで働けなった場合の保障や、入院、通院に役立つ保険について教えてほしいというお話をしました。

 

面談に費やした時間としては1時間程度だと思いますが、「こういう病気でしたらこのくらいの保障は最低でも用意したほうが良いですよ」、とか老後の資金の準備の話など私の知らないことも付け加えてくださり、とても助かりました。
恥ずかしながらそういった話題には本当に無頓着だったので、何がどれくらい必要になって今からどんな準備をしたらいいのかがわからない状況でした。

 

色々と自分の現況や家族の状態などをお話して、初回の面談では

  • 生活習慣病をカバーする医療保険
  • 働けなくなった場合の休業保険
  • 貯蓄性の高い終身保険

の3つが適しているのではないかという結論に達します。

 

その中から自分の今払える保険料でいくつかプランを作ってもらうことになり初回の面談は終了です。一週間後に具体的なプランをプレゼンしていただくことになりました。

 

保険のビュッフェ相談内容(2回目の面談)

保険のビュッフェFPから提案された保険商品

その後、2回目の面談では保険のビュッフェのFPの方が各保険会社から選りすぐった保険を紹介してもらいました。

 

働けなくなった場合の休業保険

まず、病気などで働くことが出来なくなった時にお金がもらえる、という保険商品についてお話を受けました。
ただ、こちらに関しては現状おすすめしやすい商品は少ないという状況です。
TVCMなどでいくつかやっているものがありますが、働けない状態が60日以上続くなど、支払い条件が厳しいものが多く、すぐにお金が出る保険がないというのが現状だそうです。

 

そして月々の保険料を見るとかなり高額になり、これを払えるなら普通に貯金をしていたほうが賢いのではないだろうかと思った次第です。そのため、こちらに関してはあまり優先度は高くないという結論に達しました。

 

生活習慣病をカバーする医療保険

その次に入院や通院で使える医療保険に関するお話を受けました。
大体一日当たり必要な金額として、一日5000円は最低でも出るような商品が良いでしょうということ。
国内、海外でそれらを取り扱っている保険会社は沢山あるのですが、その中からいくつかピックアップしてもらいました。
自分が心配している糖尿病に関しては、現状の流れとして入院は短めになる傾向にあるということで、その後の通院でもしっかりサポートしてくれる商品が良いでしょうとのこと。

 

この手の商品は禁煙、喫煙でも保険料が変わることがあるそうで、「タバコを吸わない自分は様々な割引があるので今入っておくのはお得ですよ」、と言われました。糖尿病以外にも7大成人病といわれる脳、心臓、腎臓、肝臓などの疾患にも対応している商品が多いようです。

 

こちらの医療保険はいわゆる掛け捨て型なので月々の支払いは先ほどの失業時の給付金に比べると相当お安い保険料です。
払い込みが終わるといくらかお金が戻ってくる商品も存在しました。この手の商品は万が一のために入っておくのは良いかなと思ってしまいました。

 

貯蓄性の高い終身保険

また自分のような自営業者に向いているのが貯蓄性の強い終身保険という商品でした。
これは数十年後に払い込みが終わると支払った分が返ってきますが、払込額の1.3倍くらいのお金がもらえるということ。

 

金利や景気によって戻ってくる額は多少上下するみたいですが、銀行の定期預金よりも高い金利ですし、株などよりやリスクの少ない貯蓄だそうです。
ただ支払いを最後まで行うことが必要で途中の解約では元金割れを起こしてしまうことが特徴です。

 

個人的に使ってみたいと思ったのは一番最後の終身保険でした。
月々の支払金額は、将来欲しい金額にかかわってきますが、生活が厳しいときは金額を変更できるそうなので、余裕のある時は多めに支払い、厳しいときは払い込む金額を少なくするといった使い方も可能とのこと。
これは知っていると知らないとでは、大きな違いを生むのでは?と思ってしまいました。

 

自営業の自分には保険は必要不可欠

私のように退職金が出ない自営業では、毎日毎日将来に備えた準備が必要になると感じています。
それでも具体的にはどんなことをすればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
元気な高齢者が多い昨今では70歳でも働いている方は沢山いらっしゃいます。

 

自分も働くことが好きなので、身体が続く限りは働きたいと思っていますがケガや病気でいつどうなるかはわかりません。
そういうこともあってやはり保険は必要だなと改めて思いました。

 

保険のビュッフェを利用してみた感想

保険のビュッフェを使って感じたことは、ファイナンシャルプランナーの方が、顧客の立場になって、その人に適した商品を勧めてくださっているな、ということです。

 

自分のように保険に詳しくない人間にも保険のビュッフェは丁寧に説明してくれました。
特定の保険会社の人間ではないので類似商品があった場合もメリットやデメリットなどを隠さずに教えてくれるところも保険のビュッフェは好印象でした。

 

「保険商品は新しいものが次々と出てきているので、どんどん良いものが出てきているので、まめに調べたほうが良い」ということと、「売れている商品は常に時代に合わせてマイナーチェンジをしている」という話も印象的でした。

 

また保険のビュッフェはしつこい勧誘もなく、「ご自分でもいくらでも調べてください、わからなかった何でも聞いてください」とお話してくれて、とても安心感を持ってお話をすることが出来ました。

 

この手のセールスは何回も営業電話が来るものだろうかと少し不安でしたが、保険のビュッフェではそんなことは全く無くとても安心してお付き合いできました。

 

保険のビュッフェのプレゼントにも満足

裕也さんが保険のビュッフェキャンペーンでもらったプレゼント

保険のビュッフェのキャンペーンでもらったプレゼントも美味しくいただき、非常に満足度が高いです。
どの保険商品にするかは提案された中からもう少し考えて結論を出す予定です。

 

最近は色々な保険を紹介する会社がありますが、その中でも保険のビュッフェはお勧めだなと思います。

 

自営業の私にも最適な保険を紹介してくれました!
>>http://www.hoken-buffet.jp/(保険のビュッフェ公式ホームページ)