生命保険は若いうちに加入する方が得?

生命保険は若いうちに加入する方が得?

生命保険は人生における心配・リスクを解消してくれる保険ですが、お得に生命保険に加入するコツは、1歳でも早く加入しておくことです。

 

生涯における資産形成と考えた場合、なるべく若いうちに加入したほうが有利になります。

 

保険加入の難易度を比較しても、40歳より20歳のほうが低くなります。

 

そのため、加入できるときに加入しておくのが賢い方法と言えるでしょう。

 

生命保険は若いうちに加入しよう

生命保険に加入するのは若いほどお得と言われていますが、これは大体当たっています。

 

ただし劇的に金額が変わるわけではなく、保険にもよりますが20%〜30%お得になるくらいです。

 

それでも保険料はなるべく少なくしたいですから、40歳から加入するよりも20歳のほうがおすすめです。

 

若いうちから加入をしておくことで、保険料を支払うのが当たり前だと感じられるようになります。

 

年齢を重ねてからいきなり加入しようと思っても、月に数万円の保険料を支払い続けるのは簡単ではありません。

 

毎月の支払いは勿論ですが、総支払い保険料も、若いうちに加入しておいたほうが安くなります。

 

若いうちに保険に加入しておけば、長い人生で見ると節約にもなるうえ、万が一怪我や病気をした時には保険金がもらえるのでかなりお得と言えます。

 

また、収支のバランスは安定しているのが好ましく、一気に変動すると生活に無理が生じてきます。

 

40歳まで生命保険に未加入で、40歳から急に加入しようと思っても毎月の支払いが大変になるので、お小遣いを減らすなどのストレスが発生しやすく、貯金も減らす必要が出てきます。

 

ただし保険商品はいざというときに重宝しますが、決して万能ではありません。

 

高額の保険に加入していると、万が一の時に手元のお金がないようでは困りますよね。

 

ここぞという場面では現金が役立つので、保険は無理のない範囲で加入しておき貯金も並行して続けるようにしましょう。。

 

年齢を重ねるほど保険加入のハードルは上がる

生命保険は若いころに使用するケースは少なく、年齢を重ねることで使用する確率が上がるものです。

 

そのため20歳などと若いうちに加入するのはもったいないと感じるかもしれませんが、長い目で見るとお得になります。

 

例えば若いうちに加入すれば月々8000円程度で済むところが、50歳になって加入するとその4〜5倍の負担額となります。

 

毎月3〜4万円の出費が新たに生まれるわけですから、生活は一気に大変になるでしょう。

 

生涯における払込総額と考えると極端な差は出ませんが、毎月の保険料は大きな差となります。

 

家計バランスに影響するのは毎月の支払いであり、年齢を重ねてからの月額保険料の大きさを考えると、中高年になって加入するには抵抗を感じやすいです。

 

金欠状態にあるなら無理に加入する必要はありませんが、貯金ができる余力があるなら貯金の一部を保険料に回すのがおすすめです。

 

保険は先行投資であり、自分や家族のために加入するべきものです。

 

保険に加入していると安心感が継続

生命保険は絶対に必要というわけではありませんが、加入している安心感は大きいです。

 

自動車保険にも言えることですが、任意保険未加入で道路を運転するのは緊張します。コンビニに突っ込んでしまうだけで、1000万円の賠償金が発生することもあります。

 

何もなければ保険は無駄と考える方がいますが、いつ何が起きるか予測することは誰にもできません。

 

若いころは元気であっても、中高年になると不健康になりやすいものです。

 

20歳のころは問題なく生命保険に加入できても、高齢に近づくにつれて加入できない可能性があります。

 

保険の重要性は年齢を重ねるほど実感するので、親は子供に対して保険加入を勧めることが多いわけです。

 

人生において保険が不要なのは大富豪など、桁違いのお金持ちだけだと言えます。

 

ほとんどの方は何か問題が起これば生活が困窮してしまう可能性があります。

 

20歳で生命保険に加入しておけば50歳になっても毎月の支払いは少額に抑えられるので、保険料が生活を圧迫することはありません。

 

安定的な生活を送るためにも40歳よりも30歳、さらに20歳の加入をおすすめします。

 

年齢を重ねたときに持病が出てきてしまい、保険に加入する時に高額になるケースは多々あるので、健康な間に保険に加入するようにしましょう。

 

若い時に生命保険に加入するまとめ

生命保険にお得に加入するコツは、若いうちに加入しておくことです。

 

月々の保険料はもちろん総支払い額も抑えられるので、40歳よりも20歳で加入したほうがお得になります。

 

支払い年数が多くなるほど月々の保険料は安く抑えられます。

 

ローンだと長期返済をするほど利息が増えて損をしますが、保険料に関してはまったくの逆です。

 

年齢を重ねるほど保険加入の難易度は高くなるので、いずれ加入する予定がある方は今がベストと言えます。