退職時に必要な保険内容

退職時に必要な保険内容

会社を退職するケースには様々なものがありますが、退職するとすぐに問題になる保険内容としては健康保険があります。
退職までに継続して2ヶ月以上、勤務先の健康保険に加入していれば、資格喪失日から20日以内に申請することで継続して2年間は勤務先の健康保険に加入することができます。

 

ただし、これまでは会社が負担していた分の全額を自分で支払う必要がありますので、国保と比較して少しでも安い方を選びましょう。国保と組合健保は補償内容には全く差はありません。期間が経ってから国保に加入すると、医療機関の受診がなくても、それまで払っていなかったものまでさかのぼって請求されますので注意しましょう。

 

また、次の職場を探す間の生活費をカバーするために、雇用保険の申請を行う必要があります。
雇用保険には受給期間が定められており、

 

待期や給付制限期間を含め、退職から1年以上経過すると受給できなくなります。速やかにハローワークに行き、求職の申し込みを行いましょう。解雇や不当な異動など、会社都合による退職の場合には申し込みから1か月後には最初の求職者給付があります。
自己都合の場合は3ヶ月の給付制限期間がプラスされます。

 

定年退職時に加入しておきたい生命保険

定年で退職される方は65歳までの生活資金に余裕を持たせるため、個人年金などの保険金がもらえる状況を退職までに作っておく必要があります。仕事を辞める際にはその後の生活に対する不安をできるだけなくした上で実行に移しましょう。