保険のビュッフェ学資保険・ガン保険・老後の資金に関する評判(蒼汰さん)

保険のビュッフェ学資保険・ガン保険・老後の資金に関する評判(蒼汰さん)

蒼汰

家族構成:私(44歳)、妻(41歳)、娘(7歳)
職業:自営業
持病:うつ病、高血圧
保険のビュッフェに相談した経緯:
サラリーマン時代に仕事のストレスからうつ病を発症。長期に渡り入院やうつ病の治療を受けているため生命保険や医療保険には加入が難しい。

 

現在はインターネットで一人で仕事をしているため、ストレスもなく体調も良いが、サラリーマンであれば通常当てにできる退職金や企業年金がほとんどないため、今後のライフワークも含めて相談しました。
特に

  • 娘が将来大学入学にかかる費用
  • ガンになった時の保障
  • 老後の資金

に関して不安があったので、保険のビュッフェに相談しました。

 

保険のビュッフェ申込みの評判

スマホで保険のビュッフェのホームページから申し込みを行いました。
時間にして5分くらいで、入力した内容としては、

  • 住所
  • 名前
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 面談希望日時
  • 希望面談場所
  • キャンペーン商品

になります。

 

一番時間がかかったのは、キャンペーンでもらえるプレゼントを何にするかだったかもしれません(笑)

 

ちなみにキャンペーンのプレゼントは【博多若杉】 博多屋台の牛すじ煮込み2食を選びました。

 

以前仕事で福岡にいたのですが、懐かしくなり申し込みました。

 

保険のビュッフェ申込み完了から面談までの流れ

保険のビュッフェにインターネットから申し込んでから、ファイナンシャルプランナーとの面談までの流れは、

  1. 保険のビュッフェが日程を調整。こちらのご希望に合わせた日程、場所でFPを調整してくれます
  2. 確定したFPとの相談日、相談場所をメールまたは電話で連絡が来ます
  3. ご相談日当日:FPとの相談は、何時間・何回でも無料との事
  4. 特典をお届け!FPとの相談後、お選びいただいた特典が自宅に届く

と言う流れになります。

 

保険のビュッフェ面談当日:1回目

面談当日には、担当のファイナンシャルプランナーさんから確認のショートメッセージが届きました。

 

面談時間の数分前になって、インターホンが鳴り

 

 

お世話になります。保険のビュッフェファイナンシャルプランナーの○○です。


 

とインターホン越しに挨拶。

 

保険のビュッフェFPの名刺

 

自宅に招き入れて、珈琲をだしたら、早速ヒアリングを開始!

 

まず聞かれたのが、家族構成と職業、どのような相談を希望しているのかという事でした。

 

正直にうつ病である事を話して、生命保険や医療保険に加入するのが難しいのは知っているけれど、ガン保険や学資保険は出来ないかと質問しました。

 

 

 

まず、生命保険に加入するのはほぼ無理です!


 

そうですよね〜(´;ω;`)

 

 

医療保険も入れなくはないけれど、通常よりも高くなります。


 

は〜、仕方ないか(泣)

 

 

但しガン保険は対象がガンだけなので問題ないです。


 

おっ、そうなんですか?!

 

 

はい、それと学資保険は最近ほとんどなくなっていますが、代わりに「個人年金」と言う形で娘さんが大学に入学するまで積み立てる方法があります。


 

あっ、いいじゃん!!

 

 

それ以外に、老後の資金は奥様名義でされると、死亡保険金・高度障害保険金を付けながら積み立てる事が出来ます。


 

なるほど!

 

そう言うと、まず娘の年齢から逆算して、大学に行かせるために月々に必要な費用を計算。

 

 

大体一ヶ月当たり4万円程貯蓄に回しておけば、大丈夫です。


 

お〜、結構必要なんですね〜。
この10年近く、病気を理由に家計は見てみぬふりをしていましたが、現実を目の当たりにしてしまいました!

 

毎月4万円の貯蓄か〜、頑張らないといけないですね。

 

 

更に老後に必要な資金としては、3000万円が目安とされています。


 

はい。聞いたことがあります。
それって、夫婦二人でという事ですか?

 

 

はい、ご夫婦お二人で3000万円です。


 

 

その分も貯蓄していかないといけないのですが、この資金は20年以上の長期になるので、少しリスクを高くしてもリターンが大きいものに投資するのがおすすめです。


 

ハイリスク・ハイリターンは、大好きな言葉です!

 

 

しかし、娘さんの大学の資金は確実に貯蓄出来た方が良いので、ローリスク・ローリターンが良いと思います。


 

そうですか、使い分けるんですね!

 

 

そうです。


 

その後一通り概略を説明してもらって、

 

 

では、次回見積書を作成して、ご説明致しますね。


 

はい、お願いします!

 

といった感じのやり取りを1時間程度行って頂き、見積もりの提出をお願いしました。

 

少し心配だったのは、毎月どれくらいの金額を積み立てられるかと言う話しはしたのですが、現在の資産に関しては全く触れなかった事です。

 

私はマンションを持っているので、最悪マンションを売るという選択もあるのにな〜とは思いました。

 

とは言え、きちんとしたスーツに身を包み、テキパキと話してくれるので、総合的には信用して良いかなと感じました。

 

保険のビュッフェ面談当日:2回目

面談2回目は、挨拶もそこそこにして、早速資料を提出して説明をし始めました。

 

娘の大学資金の積み立て

まず初めにしてくれたのは、娘の大学資金の積み立てに関してでした。

マニュライフ生命「こだわり個人年金」のパンフレット

先述した通り、学資保険は現在ほとんどなくなっているか、あってもおすすめ出来るものはないとの事でしたので、それに代わってマニュライフ生命の「こだわり個人年金」の見積書を見せてもらいました。

マニュライフ生命「こだわり個人年金」のシミュレーション

 

 

毎月マックス5万円を豪ドルで積み立てるとして、10年経過して1年経過する毎に少しずつ辺戻金が増えていきます。


 

ちょっと、待って。
10年預けて利息は0という事ですか?

 

 

はい、10年間は運用費であったり、保険会社の取り分がどうしても発生するので0です。
ただし、それ以降はグッと増えていきます。


 

えっ、でもそれじゃあ、個人的に銀行で豪ドルで積み立てた方が良くないですか?

 

 

確かにそうです。銀行ですと手数料がほとんどかからないので、得にはなります。
ただ、11年目以降はしっかりと増えていきます。


 

いやいや、娘が大学入学するのに11年しかないのに、辺戻金は101.5%しかないじゃないですか!
そんなのダメですよ!
それだったら、自分で外貨に変えて銀行で積み立てます!

 

と言った感じで、娘の大学資金は昔やっていた外貨預金を再開する事にして、保険のビュッフェの提案は完全シャットアウト!!

 

老後の資金運用

次に提案してきたのは、老後の資金運用に関してでした。

アクサ生命「ユニット・リンク」のパンフレット

 

奥様の名義でアクサ生命の「ユニット・リンク保険」で積み立てて行きます。


蒼汰さんの奥さんの保険設計書

 

これにすると、まず奥様が死亡したり重度の障害を負ってしまった時に3000万円が入るという保障が付きながら、日本や海外の株式、為替に長期投資をしていく事で、資産が増える可能性が高いものになります。


 

 

まずは初めの20年くらいは、ハイリスク・ハイリターンの外国株式などに投資をする事で、短いスパンでは値上がり・値下がりを繰り返しますが、20年と言うスパンで見るとかなりの確率で資産が増えていきます。


 

実績のグラフを見せてもらいましたが、リーマンショックの時でも、その後8年くらい経過するとまたプラスになっていました。

アクサ生命「ユニット・リンク」の実績表

正直、これは良いと思いました。

 

人生、責める時は責めないと、面白くないですからね!
とは言え、妻とも相談をしながら慎重に進めていきたいと思います。

 

がん保険

そして、最後に説明してくれたことが、ガン保険に関してです。

 

まず、取り出してきたのはアフラックの「新生きるためのがん保険」でした。

アフラック「生きるためのがん保険」のパンフレット

 

これは完全に掛け捨てのガン保険になります。


 

 

通常ガンになった時に必要となる費用としては、

  • 手術治療
  • 放射線治療
  • 抗がん剤治療

の3つになるのですが、アフラックの良い所は全てを保障してくれるところです。


 

なるほど。

 

 

また、この見積もりでは最新医療も加えてあります。
保険診療でない最新医療に関しても保障されているのです。


 

あ〜、そう言えば大阪に重粒子治療を行う病院が出来ましたよね。

 

 

そうです、重粒子治療の良い所はガン細胞をピンポイントで狙って、照射出来る事です。
ただ、動いていると出来ないので、胃や肺と言った動く内臓には難しいです。


 

そうなんですね〜。結構良さそうですね!

 

 

それからもう一つ、東京海上日動あんしん生命保険会社の「新しいカタチのがん保険」を持ってきました。

東京海上日動あんしん生命保険会社の「新しいカタチのがん保険」

 

 

こちらは、掛け捨てではありません。
70歳までにガンにかからなかった場合、払い込みした全額が戻ってきます!


 

 

マジで?!

 

 

はい。仮に一度がん治療をされた場合でも、払い込みした合計から診断給付金として受け取られた差額分が戻ってきます!


 

えっ、スゴイ!!

 

 

但し複数回がん治療をした場合は、払い込みした金額よりも診断給付金として受け取る金額の方が大きくなるので、払い戻しはありません。


 

それは、当然です。

 

なんか、凄く良いガン保険ですが、逆に良すぎて心配に・・・

 

こんな事して、保険会社の利益はどうしているのですか?

 

 

それは、支払って頂いたお金を保険会社が一定の割合分投資に回して利益を確保しているので大丈夫です。


 

そうなんですか。
でも、投資って利益が出る事もあれば、損する事もありますよね?
保険会社が倒産してしまう心配はないんですか?

 

 

保険会社は金融庁の管轄になっているのですが、「ソルベンシー・マージン比率」と言って保険金を支払う能力があるかどうかを示す数字があります。


 

 

一定の支払い能力がないと、金融庁から業務改善命令が出るので、そうならないように経営を行っています。


 

 

それ以外にも、S&Pの生命保険会社格付と言うものがあるのですが、このガン保険の会社である「東京海上日動あんしん生命保険会社」は日本で唯一のAAA(トリプルA)になっています。
なので、現状支払い能力は十分にあると考えてよいと思います。


 

なるほど〜。知らない言葉が色々出たけれど、何となく分かりました。
良いと思います!

 

保険のビュッフェの提案した保険はどうだったか?

保険のビュッフェのパンフレット

保険のビュッフェが提案してくれた

  • マニュライフ生命の「こだわり個人年金」
  • アクサ生命の「ユニット・リンク保険」
  • 東京海上日動あんしん生命保険会社の「新しいカタチのがん保険」

のうち、個人年金はまず加入しません。
それよりは、個人的に外貨で積み立てを行う方がリスクも少なくなるので。

 

ユニット・リンク保険に関しては、やっても良いかなと思っています。
ただ、今すぐに入らなければいけないものでもないので、もう少し私のうつ病や仕事が順調に進み出してからでも良いと判断しました。

 

最後のがん保険は、加入しようと思います。
実はこの5年間くらい、うつ病治療を優先させていたので、健康診断も全く受けていないんですよね。
がん保険に加入してから90日間は、癌が見つかっても保障されないようなので、少し早めに加入して万全の状態にしてから今年は健康診断とがん検診を受けたいと思います。

 

保険のビュッフェからのプレゼントが届きました

保険のビュッフェからのプレゼント【牛筋煮込み】

保険のビュッフェのFPさんと1回目の面談を済ませてから、約2週間後にプレゼントの牛筋煮込みが届きました!

 

福岡で仕事をしていた頃を思い出しながら、家族で頂きたいと思います。

 

うつ病でもガン保険に加入する事が出来ました!
>>http://www.hoken-buffet.jp/(保険のビュッフェ公式ホームページ)