生命保険の相談相手は「1社専属」か「複数社提案可能」のどちらが良いか?

生命保険の相談相手は「1社専属」か「複数社提案可能」のどちらが良いか?

「家の次に高い買い物」と言われている生命保険。多額のお金が動き、非常に長い期間支払う金融商品としての特性を持つ生命保険を選ぶとき、自身だけの知識で判断するのはなかなか難しいもの。必要なのは「良い相談相手」です。
誰を相談相手に選ぶのが良いのか?この記事では生命保険を選ぶにあたってより良い相談相手の選び方を説明します。

 

 

生命保険は相談相手によって肩書が異なる

 

生命保険の相談相手を考えるにあたり、そもそも相談相手の選択肢はどのようなものがあるのかを確認し、それぞれの特徴を挙げていきます。

 

生命保険募集人

「生命保険募集人」の資格は生命保険を販売するものは必ず取らなければいけないので、相談相手がプロか素人かを見極めるにはこの資格を持っているのかどうかを聞きましょう。そして、生命保険を勧誘するためには必ず所持していなければならないので、これを持っていない人の話は極力聞かないことをおすすめします。

 

よく「昔、保険会社に勤めていた人」を相談相手にする人を見かけます。確かに人間的な信頼関係はあるかもしれませんが、保険業界の法律、商品は日々変化しているもの。基本的な概要を聞くにとどめ、本当に相談相手に選ぶなら生命保険募集人の資格を持った人の「今の情報」を得ることを最優先に考えて動きましょう。
生命保険募集人は「営業職員」と「代理店」に大別され、両方に共通するのは「生命保険契約の締結の媒介」を仕事としていて、契約の締結権はないことです。

 

わかりやすくいうと、生命保険募集人が生命保険を販売しているのではなく、保険会社とお客様の間に立ち、お客様から加入したい生命保険の商品の内容を聞き契約手続きをこなしたら、保険会社に送ります。ここで、お客様が生命保険に加入できるのかを判断するのはあくまで保険会社になります。

 

営業職員

生命保険会社の営業社員です。セールスマンあるいは外交員ともいいます。彼らは一社専属で自分が所属している会社の商品のみ募集をすることができます。昨今では通信販売という形式もあります。
昨今では「石を投げれば保険屋さんに当たる」などと揶揄する人がいるくらい、巷には営業職員があふれています。

 

彼らの強みは一社専属であるが故、自社商品に対して深い商品知識を持っています。保険商品が複雑な商品内容であり、加入する時のみならずその後の運用や、いざ使うときにその商品を知り尽くしたエキスパートとしてよき相談相手になってくれます。
また、手続きも一社だけですので、書類の数も少なく何かあったときの連絡先が一本化できるのが楽です。
反面、一社専属なので他社商品との商品力を比較した時に強い商品と弱い商品のばらつきが出てきます。ただ安さを求めると言うのならばお勧めは出来ません。

 

代理店

店舗型の代理店や銀行など、窓口や通信で販売していて、営業職員と違い、提携している保険会社の商品を扱うことができ、FPや銀行職員などが募集をしています。
相談相手としての最大の強みは数社の保険商品を組み合わせることで、具体的にお客様のニーズを叶えられることです。より安くより高い保障を。という希望があるならば、営業職員よりも代理店を選ぶのが良いでしょう。
反面、すべての保険会社の商品を取り扱っているわけではないので過信は禁物です。その代理店が持ちうる最善の商品選択であるということは念頭に入れておきましょう。その相談相手がどれだけの保険商品を持ちうるか。最低でも10社分はあった方が好ましいでしょう。

 

 

生命保険を相談するのは「営業職員」「代理店」どちらが良いか?

営業職員・代理店のどちらも長所と短所はありますので生命保険の相談相手としては甲乙つけがたいところです。
しかし、どちらの場合でも相談相手として決め手となるのは「経験」と「知識」と「誠実さ」です。

 

保険募集人の入れ替わりは非常に厳しく、大半の募集人が3年以内に廃業しているのが保険業界の現状です。こういった状況が生命保険自体の信用性を貶めていると言っても過言ではありません。

 

相談相手に必要なのは、まず「経験」です。最低でも5年。理想は10年業界で実績を上げている募集人を相談相手に選びましょう。
2つ目は「知識」です。金融商品である生命保険は、保険の知識のみならず、税金や法律など様々な知識の組み合わせでお客様のライフプランに合った保険商品を提案することになります。

 

多角的な角度から将来を見据えた設計をしてくれる募集人が理想的な相談相手となるでしょう。
3つ目は「誠実さ」を持った募集人を相談相手に選びましょう。

 

生命保険の相談相手に選んではいけない人の特徴

ここで、絶対に相談相手に選んではいけない募集人の例を紹介します。

  • 「絶対」という言葉を使う。

保険商品は長い期間を経てようやく使われる商品ですので「絶対」はありません。商品説明などでこの言葉を使う募集人は、相談相手としては避けるべきです。そもそも、募集人が断定的な物言いで商品説明の話をすることは法律で禁じられています。

 

  • 「愛する家族のために」を連呼する

これは、往々にして売れない営業マンがやりがちな手法です。保険商品は自分以外の誰かのための商品ですので「愛する家族のために」加入を検討することは間違ってはいません。しかし、それを連呼し「ここで加入するか家族を不幸にするか」というクロージングをする募集人は非常に多いです。
お客様の家族に対する思いには熱く、しかし、金融商品を扱うものとしての運用に対するクレバーな目線を向ける募集人が相談相手には最適です。むしろ、ややお金の話が多い人の方が誠実かもしれません。

 

上記のような着眼点で、よい相談相手を探しましょう。よい生命保険は、よい相談相手からです!
また、保険のビュッフェは代理店の形態を取っていて、10社以上の生命保険会社を扱えるようになっています。
経験年数も7年以上のファイナンシャルプランナーとしか契約していないので、安心して生命保険の相談が出来ますよ。