終身保険のメリット・デメリット

終身保険のメリット・デメリットを理解して上手に活用しましょう!

一口に生命保険と口にしても、その種類は様々です。学資保険、収入保障保険、個人年金。呼び方は多種多様ありますが、生命保険の基本的な形って、3つしかないのです。今回は、生命保険の基本の3スタイルの中から「終身保険」がどういった保険なのかを追いましょう。

 

 

身が終わるまで続く。それが終身保険

 

終身保険は、読んで字のごとく「身が終わるまで続く生命保険」のことです。これはいったいどういう意味なのか。
まずは終身保険の特徴を説明いたします。
生命保険を語るうえで欠かせないキーワードが「保障」です。
1番わかりやすい事例で「人が亡くなったとき」を事例として挙げてみましょう。
このときに、亡くなった人が生前に指定していた「受取人」に対して支払われるお金を「保険金」と呼び、この保険金がいくら払われるかというものが「保障」になります。

 

もう1つ覚えていただきたいのが「保険料」という言葉です。
これはテレビなどで頻繁に耳にする言葉なので馴染みがある方も多いでしょう。生命保険を継続するために支払うお金のことで、俗に「掛け金」と呼ばれるものです。
「保険金」と混同しやすいので気を付けましょう。
加入者が保険会社に支払うお金→保険料
保険会社から支払われるお金→保険金
この「保険料」を支払っている間はもちろん、支払いが終わっても保障が続くことが終身保険最大の特徴です。

 

 

終身保険のメリット

終身保険の最大の特徴でもあり、メリットは「保障が一生涯続く」ことです。
終身保険は保険料の支払期間を長くしたり短くしたりできます。意外と知らない人が多いのですが、保険料の払い込み期間を長くすると、月々の支払額は安くなりますが、最終的な支払いの総額は高くなります。
逆に、払い込み期間を短くすると月々の支払額は高くなりますが、最終的な支払いの総額は安くなります。

 

この保険料の支払いの期間が終わった後は、保険料を支払わなくても保障が続くことは安心を買う意味では大きなメリットと言えるでしょう。

 

また、終身保険のもう一つのメリットが「貯蓄性がある」ということです。
毎月支払っている保険料の何割かを貯蓄に回しています。貯めていたお金は、保険を解約する時に「解約返戻金」という名前で自分に戻ってきます。多くの場合は、保険料支払いの期間が終了した時点で支払総額を上回る計算になっています。

 

さらに、保険料の支払いが終わってからも運用は続けられ、お金を払っていなくても解約返戻金が増えていきます。
この仕組みが優れているのは、預金と比べてもそのメリットが見えてきます。
仮に1000万円を貯めることを目標としましょう。期間は30年とします。

 

計画通りにお金を貯め続けていれば、終身保険でも預金でも1000万円にたどり着けることでしょう。
しかし、仮にお金を貯めようと決めた次の日に不慮の事故で亡くなってしまったとしたらどうでしょう。
預金だと、用意できているお金は口座に入れている分だけですよね。

 

ところが、終身保険の場合は、契約の手続きをし、最初の入金が終わった段階でそこまでで貯まっている金額を大きく上回る「保障」を手に入れているのです。同じ「お金を貯める」ことでも、終身保険を選ぶことには大きなメリットがあると言えます。

 

終身保険のデメリット

半面、いいことばかりでないのがこの世の常。終身保険と言っても、万能ではありません。
終身保険のデメリットとして考えられるのが「途中で解約する」ことが挙げられます。
先にお話しした解約返戻金ですが、支払った保険料の全てが積み立てられているわけではないので、支払いが終わる前に解約をしてしまうと、その段階の解約返戻金がそれまでに支払った金額を下回ってしまいます。
当然のことながら「途中で解約することなく支払い続けていける保険料」を綿密に計画立てていくことが必要です。預金がいつでも動かせる短期的な貯蓄であるならば、終身保険は中長期的な貯蓄であると捉えましょう。

 

 

終身保険の活用方法とは?

 

生涯続く保障と最終的には支払総額を越える貯蓄性を兼ね備えた終身保険。では、最大限に終身保険の特長を活かすにはどのような運用をするのがよいのでしょうか。
先にもお話したとおり、終身保険は途中解約をすることでそのメリットを全く活かすことが出来なくなってしまいます。なので、支払いを続けていける金額で組むことが重要です。

 

まずは自分の身に何か起きた時に必要な保障の大きさを割り出してみましょう。ここまでは、保険屋さんやFPにお願いするとわかりやすく作ってくれます。そして、その保障額を全て埋める形で終身保険を組んでしまいます。極論ですが、それではじき出された保険料が、毎月支払える金額であれば、その終身保険だけで十分です。

 

しかし、それでは支払いが苦しくなる金額であれば、終身保険の保障を下げて、足りない保障を定期保険で埋めましょう。この2つで苦しくない保険料にできれば御の字です。
生命保険は本来の「何かあったときのため」の備えです。貯蓄性に関しては少しのお得感を味わうものと考え、あくまで安心を買うものだと考えて保険を組むべきでしょう。
終身保険のメリットとデメリットを理解した上で、保険のビュッフェに相談するとファイナンシャルプランナーがあなたに最適な保険プランを案内しやすくなるので、是非覚えておいてください。
保障の長さと貯蓄性の高さで優れた終身保険。このメリットを最大限に活かしてくださいね!