妊娠中でも加入できる医療保険は加入前に保障内容をよく確認!

妊娠中でも加入できる医療保険は保障内容をよく確認!

妊婦

最近は妊娠中でも加入できる医療保険が増えました。でも、保障内容も保険料も千差万別です。自分にとってどの保険が良いか迷う方もいると思いますが、最低でもチェックしたい項目を挙げてみました。
妊婦には医学的な見地では安定期というものはありません。
それだけデリケートな体を守るために医療面の保障はしっかり確保しておくと共に保険全体を今まで見直していなかったら見直してみましょう。
保険見直しの際には、保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーに相談する事で、妊娠中でも加入できる生命保険を比較する事をおすすめします。

 

 

異常妊娠ではないですよね?

 健康な人が加入出来るのが保険の常識です。普通の妊婦さんなら加入可能であっても、前置胎盤など胎盤の位置の異常や、双子なども異常妊娠の中に含まれます。医師から、お墨付きをもらわないと特に診断書が必要な保険でなくても、安心して加入出来ません。妊娠中であっても、リスクの少ない健常妊娠の妊婦しか妊婦が入れる保険に加入出来ません。健常な妊娠の範囲に入るのか不安な方は妊婦検診の時などに医師に相談してみましょう。

 

 

自然分娩の保障はない方が良い位です!

 帝王切開の際の保障はほとんどの妊娠中に加入できる保険で何等かの保障があります。しかし、保険会社によって自然分娩の保障の有無は異なります。保険料が安くなるなら、自然分娩の保障はない方が良いかと思います。というのも、出産すれば出産育児一時金が支払われます。一般的な自然分娩であれば、その金額で出産費用が大体間に合います。

 

もし出産費用を払って出産育児一時金が余ったらどうなるかというと、なんと!所得扱いで所得に組み入れられてしまいます。出産費用を出産育児一時金でほぼ賄えてしまう場合、更に保険で自然分娩の給付金が貰えた給付金も所得として扱われます。給付金の金額が大きいと年間の所得がアップして税率が上がってしまう可能性があります。今まで曖昧にしてしまっている人も多かったですが、2017年1月からマイナンバー制度が本格始動します。細かいお金の動きまで把握しやすくなっているので、念のため注意しておきましょう。

 

 

是非欲しい手術の保障

手術の保障がない保険は少ないですが、金額は様々です。是非チェックしたい項目です。
手術給付金がどれだけ妊婦に必要かというと、係留流産など赤ちゃんがおなかの中で死んだまま出てこない状態に至る場合があります。このこと自体は珍しいことではありません。この時におなかに残った赤ちゃんや胎盤を取り除く手術が必要です。

 

また、帝王切開の時にも手術給付金が下りるのが一般的です。帝王切開になると健康保険の対象になるので自己負担は3割負担になります。それでも自然分娩より高額の費用になって分娩費用だけで50万円〜80万円程と高額になります。しかし出産育児一時金はどんな分娩であっても健康保険から42万円(医療機関によっては40万円)しか支給されません。

 

出産時の自己負担の金額はケースバイケースで帝王切開の難易度などにも違いがあります。出産育児一時金は自然分娩でも帝王切開でも同額しか支給されません。帝王切開手当の他に手術給付金制度がある保険が安心です。5人に1人の割合で帝王切開になっているのが日本の現状です。
(平成20年の厚労省の調査より)

 

 

入院給付金制度もあれば便利

入院給付金もあれば便利です。出産そのものに関わる給付はなるべく多い方が助かります。理由の1つは、ママには保険を掛けられますが。生まれてくる子には保険を掛けられないのです。
なるべくママの保障で子供の出産時のリスクを補うようにしておくと、早産などで低体重児になった時も安心です。
新生児の入院はおむつ代など健康保険適用外の出費が嵩んで思いのほか高負担になりがちです。おむつ代などは医療ではないので保険の適用外になります。実費負担な上、高額療養費制度を利用しても、おむつ代などは対象外になります。

 

 

妊娠したら保険に加入出来る時期を確認!

妊婦が加入出来ると謳っている女性向け保険の多くが加入出来る妊娠週数を一定以下の週数にする条件が付いていることがほとんどです。場合によっては、妊娠週数19週と妊娠が分かってから加入するには忙しいスケジュールの保険もあります。

 

妊娠が分かるのが早くても妊娠2ヶ月目位です。ネットだけの情報では分からないことが多いので、資料請求して確認しましょう。妊娠中はかなり忙しいので大変かもしれません。あまり出産予定日に切羽詰まって保険に加入しようとしてもまず無理です。出産に際して保険の見直しをする場合には是非とも早めに家族と相談してみましょう。

 

 

死亡保障があると保険料が上がります

多くの女性向け保険は医療保険に特に女性向けの保障が手厚い保険です。特に妊婦に嬉しい妊娠中でも加入可能な保険はほとんどこが医療保険です。しかし中には、生命保険として死亡保障もある保険があります。
医療保険+生命保険と2つの機能なので保険料が高くなって当然です。既に加入済みの生命保険がないのなら、念のためお葬式代程度に加入しておくのも1つの案です。

 

妊娠したら保険内容の確認を!

案外妊娠中はマタニティーグッズやベビーグッズの選定や社会で活躍するプレママには仕事の引継ぎやその資料作成など多忙な日々が待っています。それでも保険に十分な保障を得ているか確認してみましょう。既に生命保険や医療保険に一定の保障が得られていれば問題がありません。

 

異常妊娠や帝王切開など保険会社から見てハイリスクと判断される状態になると加入したくても不利な条件でしか保険契約が出来なかったり、保険そのものに加入出来ない可能性が出てきてしまいます。
保険に加入出来る健康な状態のうちになるべく保険に加入しておきましょう。

妊娠中でも加入できる医療保険は加入前に保障内容をよく確認!関連ページ

帝王切開でも一時金は貰えるの?
帝王切開でも一時金は貰えるの?
出産費用補助金【出産育児一時金】を申請する仕方とその条件
出産費用補助金【出産育児一時金】を申請する仕方とその条件
出産で適用される保険について
出産で適用される保険について