帝王切開でも一時金は貰えるの?

帝王切開でも一時金は貰えるの?

 出産の時に貰える一時金にはいくつかの種類があります。
しかし、帝王切開だから特別に支給される公的なお金は特にありません。
一般的な出産と同額になります。
一方、医療保険や生命保険の医療特約などに加入していると帝王切開も立派な手術扱いとなり給付金が下りる保険が多数ありますが妊娠してから加入出来る医療保険には限りがあります。

 

健康保険組合から出産育児一時金がおります

 自然分娩費用は医療費扱いになりません。その為、実費負担なのですが、健康保険組合から出産育児一時金というお金がおります。このお金は出産であれば、帝王切開・自然分娩の区別なく支払われ、早産・死産の場合であっても支払われます。自然分娩で安産の場合と帝王切開の場合では、お産の費用自体が大きく異なります。おおよそ帝王切開の方が倍額はかかると思って良いかと思います。

 

出産育児一時金の支給額では分娩の方式では金額は変わりませんが、金額は医療機関によって2通りになります。産科医療保障制度に加入している医療機関での出産は42万円、加入していない医療機関での出産は40.4万円です。
産科医療保障制度とは、医療機関が加入するお産の際の重い障害が発生した際にお産した方への保障制度です。

 

つまり産科医療保障制度に加入している医療機関でお産した方が万が一、お産で赤ちゃんが脳性麻痺などの重い障害が発生しても3000万円までの保障は制度からお金が出るので安心してお産出来る医療機関になります。

 

出産育児一時金とは出産時の費用として健康保険組合から支給されるお金のことです。請求しないと貰えません。会社員の場合は総務担当の方などに出産した旨連絡すれば手続きして頂けるのが普通ですが、国民健康保険の方は市区町村の役所で手続きする必要があります。

 

 

帝王切開の出産は高額だから高額療養費制度を活用!

 高額療養費制度とは、医療費が高額になった際に年収に応じた自己負担の限度額の上限が決まっており、それを超える金額は支払が免除になる制度です。自然分娩の場合は医療費扱いではないので、高額療養費制度が使えませんが帝王切開は医療費として扱われるので自己負担は3割でかつ、高額療養費制度を利用できます。

 

年収324万円未満        の場合は57,600円が上限額
  324万円以上約600万円未満の場合は80,100円+(総医療費―267,700円)×1%
 約600万円以上約948万円未満の場合は167,400円+(総医療費―558,000円)×1%   約948万円以上         の場合は252,600円+(総医療費―842,000円)×1%

 

となり、年収によって自己負担の上限額が異なります。この区分は平成27年1月から実施されているので、それ以前の年度に高額療養費制度を利用した時よりも区分が細かく設定されているので注意してください。

 

帝王切開の手術は計画的に実施されることも多いです。その場合は予定された入院日数もきまっているので、必要な医療費があらかじめわかっています。
予定された医療費を元に帝王切開の手術前に限度額認定証を提出すると、一旦窓口で医療費3割を収めてから、還付を待たずに、免除される医療費分を差し引いた分が窓口で請求されるので便利です。

 

 

もし医療保険や生命保険の医療特約等に加入していれば

 帝王切開の場合、手術扱いとなって手術給付金がおります。入院すれば入院給付金もおります。帝王切開での出産は妊娠中から自然分娩では危険が危ぶまれる方に対して計画的に行うばかりでなく、自然分娩中でも続行が危険を伴うと判断されると帝王切開に切り替えるケースも珍しくありません。帝王切開になった場合は、その際の処置によって手術費用も手術後の入院日数も大きく異なります。場合によってはママの容体は悪くなくても、赤ちゃんが低体重などハイリスクだと赤ちゃんの入院日数が長くなる傾向があります。

 

 残念ながら、ママが医療保険に加入していても、赤ちゃんの入院保障は医療保険の対象外になります。
 自然分娩の費用は医療費扱いではないので、医療保険に加入していても保険がおりません。帝王切開や、妊娠中のトラブルでの入院などで医療保険のお世話になる可能性が高いです。日本は世界の中でも帝王切開が多い国の1つです。
古い統計ですが、平成20年で23%以上の出産が帝王切開とも言われています。少しでもリスクが高いと判断されると帝王切開での出産になるのが現状です。出来る限り妊娠前に、医療保険や生命保険の医療特約に加入しておくことがお金の心配をしないで済む分お勧めしたい所です。妊婦でも加入できる医療保険は一般的な医療保険に健康な妊娠していない状態で加入するのに比べて割高なあ保険料が一般的です。

 

 

どんなに安定した状態の妊婦でも、いつ何時帝王切開に踏み切らなければならないケースに遭遇しないとも限りません。帝王切開するときの状況によって必要な医療費も異なってきますがおおむね、自然分娩の倍額程度は必要な場合が多いようです。保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーに相談して、あらゆる制度や保険などを調べておいてお産に臨みましょう。本当にお金がかかるのは産んだ後の子育ての段階です。

帝王切開でも一時金は貰えるの?関連ページ

妊娠中でも加入できる医療保険は加入前に保障内容をよく確認!
妊娠中でも加入できる医療保険は加入前に保障内容をよく確認しましょう。妊娠中はマタニティーグッズやベビーグッズの選定や社会で活躍するプレママには仕事の引継ぎやその資料作成など多忙な日々が待っています。それでも保険に十分な保障を得ているか確認してみましょう。既に生命保険や医療保険に一定の保障が得られていれば問題がありませんが、そうでない場合は保険の見直しをしておきましょう。
出産費用補助金【出産育児一時金】を申請する仕方とその条件
出産費用補助金【出産育児一時金】を申請する仕方とその条件
出産で適用される保険について
出産で適用される保険について