出産時に必要な保険内容

出産時に必要な保険内容

新生児

妊娠して出産をするということは非常におめでたいことではあるのですが、そこにかかってくる費用は場合によっては100万円以上かかると言う事もあります。

 

そうでなくても妊娠中にある程度の費用がかかってきますし、出産は妊婦にとって身体に負担がかかってくるものなので最悪の場合は死亡してしまうという事も考えられています。

 

このようなことから出産する際にはある程度保険に加入しておくことがおすすめされていますし、保険の種類によっては妊娠中もしくは出産後でも利用を続けられるものがあるので出来る限り加入しておく方が安心であるとされています。

 

では出産時に加入しておく必要がある保険としてはどのようなものがあるのかというと、生命保険や医療保険などが挙げられています。
生命保険の場合は死亡しない限り支給されることはないので念のための加入で問題はないのですが、特に出産を控えている場合におすすめされているのが医療保険です。

 

メリットとしてはどちらの場合でも自然分娩以外にも帝王切開の場合にも対応しているということや、それ以外にも様々な病気やケガの治療も保障してくれているというところです。

 

ただし生命の方は通常入院費保障がついていないので、出産で利用する場合は特約で保障をつけておく必要があります。

 

また産むだけならば短期のコースでいいとされていますが、産んだ後の病気などを懸念する場合は保険のビュッフェに相談して長期のものに切り替えておくことがおすすめされているのでその点を含めて時期を見ながら見直しをする必要もあります。

出産時に必要な保険内容記事一覧

帝王切開でも一時金は貰えるの?

 出産の時に貰える一時金にはいくつかの種類があります。しかし、帝王切開だから特別に支給される公的なお金は特にありません。一般的な出産と同額になります。一方、医療保険や生命保険の医療特約などに加入していると帝王切開も立派な手術扱いとなり給付金が下りる保険が多数ありますが妊娠してから加入出来る医療保険に...

≫続きを読む

 

妊娠中でも加入できる医療保険は加入前に保障内容をよく確認!

最近は妊娠中でも加入できる医療保険が増えました。でも、保障内容も保険料も千差万別です。自分にとってどの保険が良いか迷う方もいると思いますが、最低でもチェックしたい項目を挙げてみました。妊婦には医学的な見地では安定期というものはありません。それだけデリケートな体を守るために医療面の保障はしっかり確保し...

≫続きを読む

 

出産費用補助金【出産育児一時金】を申請する仕方とその条件

「出産は病気ではない」という理由から、健康保険適用の対象外です。その費用は安産で費用が安く済む自然分娩でも30万円以上はかかります。同様の理由で妊婦検診も健康保険の適用外で全額自費負担です。しかし、それではお産の時の経済的な負担が大きいので費用の補助があります。市区町村など自治体からの補助 申請方法...

≫続きを読む

 

出産で適用される保険について

出産は「病気ではない」という理由から自然分娩では健康保険の対象外で、実費負担になります。しかし、自然分娩であっても、健康保険の対象になるケースもあります。また、計画的に行われる場合でも帝王切開分娩は健康保険の対象になります。妊娠中のこんなケースは健康保険の対象に!妊娠中の女性の体や胎児はとてもデリケ...

≫続きを読む