養老保険とは?メリットデメリットを知って養老保険を活用!

養老保険とは?メリットデメリットを知って養老保険を活用!

 

一口に生命保険と口にしても、その種類は様々です。学資保険、収入保障保険、個人年金。呼び方は多種多様ありますが、生命保険の基本的な形って、3つしかないのです。今回は、生命保険の基本の3スタイルの中から「養老保険」がどういった保険でどのようなメリット・デメリットがあるのかご紹介致します。

 

養老保険とは

老いを養う保険。それが養老保険です。

 

聞きなれないフレーズかと思いますが、養老保険は、終身保険と定期保険の良いとこ取りのような特徴を持っています。終身保険と定期保険のおさらいも兼ねながら、まずは養老保険の特徴を説明いたします。

 

生命保険を語るうえで欠かせないキーワードが「保障」です。1番わかりやすい事例で「人が亡くなったとき」を事例として挙げてみましょう。このときに、亡くなった人が生前に指定していた「受取人」に対して支払われるお金が「保険金」と呼び、この保険金がいくら払われるか。というのが「保障」と呼ばれるものです。

 

もう1つ覚えていただきたいのが「保険料」という言葉です。これはテレビなどで頻繁に耳にする言葉なので馴染みがある方も多いでしょう。生命保険を継続するために支払うお金のことで、俗に「掛け金」と呼ばれるものです。「保険金」と混同しやすいので気を付けましょう。
加入者が保険会社に支払うお金→保険料
保険会社から支払われるお金→保険金

 

この「保険料」を支払っている間だけ保障が続くのが定期保険です。
そして、「保険料」を支払い終えてもその後も一生涯の保障が続くのが終身保険です。

 

養老保険の場合、定期保険と同じく、保険料を支払っている間だけ保障は続きます。養老保険が定期保険と違うのは、保険料の支払いが終わった瞬間に保障と同じ金額が給付金として下りてくるというところです。
「老いを養う養老保険」の名前の由来はそういったところにあるのです。

 

 

養老保険のメリットとデメリット

 

「老いを養う養老保険」の名の通り、保障よりも貯蓄性を重視した生命保険です。
貯蓄性と言うと、終身保険も支払った保険料は積み立てられていきますが、養老保険と比較すると最終的に受け取れる金額は養老保険に軍配が上がります。
「この時期までにいくら貯めたい」という目的がある人にとっては、貯めている間も保障がついていて預金よりも利率が良いと言うメリットがあるので養老保険はお勧めの手段です。

 

反面、養老保険のデメリットは、ある程度大きな保険料を支払わないと運用の割合はそれほど大きくはならない事です。月々1万円程度の養老保険では最終的に入る給付金も小さなものになってしまいます。
また、生命保険には解約すると支払った保険料の積み立てた分を返す「解約返戻金」というものがありますが、養老保険を途中で解約した時、多くの場合に戻ってくるお金は支払った金額より少ないと言うデメリットがあります。途中解約が無いように、養老保険は無理のない支払い計画を考えて組むことが必要です。

 

 

養老保険の活用方法とは?

 

貯蓄機能に特化した養老保険は、老後の資金や学資に使うために組む人がとても多い保険です。とはいえ、生命保険の本質は保障にあります。保障あっての貯蓄であると覚えていてください。

 

まずは自分の身に何か起きた時に必要な保障の大きさを割り出してみましょう。ここまでは、保険屋さんやFPにお願いするとわかりやすくグラフや表で作ってくれます。そして、その保障額を全て埋める形で終身保険を組んでしまいます。
極論ですが、それではじき出された保険料が、毎月支払える金額であれば、その終身保険だけで十分です。
なにしろ終身保険は保障と貯蓄。両方の機能を兼ね備えていると言うメリットがあるからです。

 

しかし、それでは支払いが苦しくなる金額であれば、終身保険の保障を下げて、足りない保障を定期保険で埋めましょう。この2つで苦しくない保険料にできれば御の字です。
ここまで考えた結果、養老保険を組むというのが一般的で王道な組み方のスタイルです。
若しくは、上記の組み方の終身保険の部分を代わりに養老保険で組むというのも手です。ただし、こうした場合は保険料支払い後に保障が残らなくなるデメリットがあることを念頭に考えておきましょう。

 

保険のビュッフェで相談する時には、ファイナンシャルプランナー養老保険についてもが説明してくれますが、それ以外の生命保険会社で相談する時には予め養老保険のメリット・デメリットを考慮したうえで相談しましょう。。

 

 

賢く受け取ろう!生存給付金

養老保険のメリットである保険料支払い後に返ってくる生存給付金。こちらを少しでも多く受け取れる裏技を書いておきます。
給付金の受け取り方には「一時金」での受け取りと「年金」での受け取りがあります。
「一時金での受け取り」は支払われる金額の全てをまとめて受け取る方法。「年金での受け取り」は、毎月、もしくは半年に一度のような間隔で給付金を分けて受け取れる方法です。養老保険の場合は、後者の年金での受け取りがおススメです。なぜかと言うと、年金払いだと、全ての給付金が支払われるまでは、まだ支払われていない分の給付金も運用されて増え続けているのです。これを利用することにより一時金で受け取るよりも多めの給付金を受け取ることができるメリットがあるのです。

養老保険とは?メリットデメリットを知って養老保険を活用!関連ページ

変額保険とは
変額保険とは、生命保険商品の中でも貯蓄性のある種類のもので、運用により保険金額・貯まっていくお金(解約返戻金)が変動するというものです。
がん保険とは
がん保険で大切なことは、一生涯の保証があることです。10年間ごとに更新していく保険は保険料的に不経済になりますので、入らないようにしたが無難です。終身払い込みといった商品も不経済なものです。入院給付金や死亡保険金も年齢が高くなってきたら少額になってしまう保険も避けましょう。
医療保険とは
医療保険とは病気や怪我の治療に対して、経済的な負担を減らしてくれる役割を担う保険です。民間の保険と健康保険とがあり、健康保険は日本人のほとんどの人が加入をしていますが、民間の保険は加入の際に審査があり掛け金も企業によってまちまちで、時に加入が難しい人もいます。
終身死亡保険とは
終身死亡保険を選ぶと保障は一生涯続きますが、保険料の払込に関しては契約時に選択できることが特徴的です。保険料払込期間を終身ではなく60歳や65歳、70歳に設定しておけば、その後の保険料は支払う必要がありません。もちろん保険料を払わなくても保障は続きますから老後の生活を考えたときに有利になるでしょう。
収入保障保険とは
収入保障保険とは、契約時に決めた保険期間内にもし被保険者が死亡してしまったり高度障害になった場合、残された遺族が保険金を一括ではなく分割して受け取る事が出来る保険の事を言います。
定期死亡保険とは
定期死亡保険とは保険料をできるだけ安く抑えながら高額の保障を確保できる保険としてあげられる保険の事です。定期死亡保険は、満期金や解約返戻金のない死亡保険です。いうなれば、掛け捨て型の死亡保険といえるでしょう。
個人年金保険とは
個人年金保険とは加入するかしないかが個人の意思に任せられている年金制度のことです。保険会社などが販売している商品に加入し、月々、保険料を納め積み立てることで、将来的に年金を受け取ることを個人年金と言います。
学資保険とは
学資保険とは毎月契約内容の保険料を支払うことにより、子供の教育費などに掛かるお金を補助することを目的とした保険です。予め設定した時期に給付金を受け取ることが出来るので、教育費用が嵩むと想像される大学入学時期に合わせて学資保険を組む人が多いようです。
介護保険とは
介護保険というのは、将来的に高齢のために他人の介護が必要となった場合に、そのサービスにあたる金額が保険金として支払われたり、または現物のサービスとして提供されるような保険制度のことを指しています。
こども保険とは
こども保険とは被保険者が子どもである保険のことで、教育費用を工面するための商品や、怪我や病気の時にお金のサポートを得るための商品などがあります。こども保険は子どもの年齢が若いほど保険料が安いですが、加入した時の予定利率が適用され続けるため、金利が低い時より高い時に加入するのがお得です。
外貨建て保険とは
外貨建て保険とは保険料や解約返戻金など、保険会社とのお金をやり取りを外貨で行う保険です。外貨建て保険を解約する時は経過年数ごとの外貨での返戻額と払った保険料の推移表を見ます。
引受基準緩和型保険とは
引受基準緩和型保険というのは、医療保険の一種ですが、通常のタイプの医療保険と比較すると、申し込みに応じて生命保険会社が引き受ける場合の基準が緩和されているタイプのもののことをいいます。
リスク細分型保険
リスク細分型保険とは、保険金が支払われる原因である死亡につながるようなリスクとして判断される項目をできるだけ細分化して、そうしたリスクにあわせた保険料を設定することによって、契約者が支払うべき保険料のトータルの金額を割安にすることをめざした保険のことをいいます。
無選択型終身保険とは
無選択型終身保険とは、医師の診査などを受けなくても誰でも加入できるという特徴があります。無選択型終身保険は他の終身保険と同じように、保障が一生涯続くため老後に不安を感じている方にもおすすめです。
実損填補型保険とは
実損填補型保険とは医療保険の一種になりまして、一般的な保険とは少し違った特殊なものとなっています。健康保険の自己負担額分や差額の料金が発生した時等も含めて掛かった費用は全額支払うタイプの医療保険になっています。実損填補型保険にするメリットは全額医療費を保障をしてくれるので安心ができ、場合によっては自由診療でも対応をしてくれます。
高度障害保険金とは
高度障害保険金とは