三大疾病保障保険とは何か?詳細とメリットをご説明

三大疾病保障保険とは?加入するメリットって何?

生命保険に加入する際に最も重要となるのがその内容であり、どのような状態になった時に保険金を受け取れるようにするのかは慎重に判断する必要があります。

 

多くの保険会社では生命保険商品として三大疾病補償保険の取り扱いをしているのですが、具体的に三大疾病保障保険とはどのような保険なのでしょうか。

 

詳細について確認していきましょう。

 

日本人の死亡原因は大別すると3種類

生命保険に加入する際にぜひとも知っておきたいこととしてまず紹介したいのが、日本人の主な死亡原因についてです。

 

具体的にどのような病気にかかると死亡のリスクが高まるのかについて理解しておけば、より合理的に保険に加入できると考えられるからです。

 

現代の日本人の主な死亡原因として挙げられるのが

  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中

の三種類の病気になります。

 

この三種類の病気が原因でなくなってしまう人の割合は50%以上となっており、実に日本人の2人に1人以上が癌か急性心筋梗塞か脳卒中のいずれかの病気が原因で亡くなってしまうのです。

 

特に癌は生涯を通して発症してしまう可能性が非常に高いですし、一度発症してしまうと完治させることが難しいという厄介な病気です。

 

これらのことから癌と心筋梗塞と脳卒中の三種類の病気はセットで三大疾病と呼ばれているのです。

 

また、生活習慣が原因となって発症し、病状が進行していきますから、気づいたときには重症化しているというケースが散見されます。

 

そのため、治療に入ったとしても長期間に及ぶことが多く、また、それだけ治療費も多額になってしまいます。

 

たとえば全日本病院協会や厚生労働省のデータによると、がんの場合、治療費はほぼ100万円を超えてしまい、急性心疾患でも80万円、脳卒中では200万円になってしまうことも少なくありません。

 

そうなると、高額の治療費により生計が成り立たなくなってしまい、治療を中止せざるを得なくなったり、家庭に重大な影響を及ぼしてしまう恐れがあるのです。

 

三大疾病は他の病気と比較すると入院期間が長期になりがちですし、退院後も暫くの間は定期的な通院と治療が欠かせないからです。

 

従って生命保険に加入する際に三大疾病に対するカバーが充実している補償を選ぶことが非常に大切ですし、まさに三大疾病を重点的にカバーしてくれる保険が三大疾病保障保険なのです。

 

三大疾病保障保険とは?詳細を解説します

三大疾病保障保険とは日本人の主な死亡原因である癌と急性心筋梗塞と脳卒中を重点的にカバーできる保険商品であり、合理的に死亡に対するリスクヘッジができる商品と考えられます。

 

特に現代の医療は発達しているため三大疾病を発症してしまった場合でもすぐに亡くなるリスクは低く、むしろその後の高額な医療費に悩まされることが多いので、発病後の生活の心配を和らげるためにも加入するメリットは非常に大きいと言えるのです。

 

それでは三大疾病保障保険とは具体的にどのような人に向いている保険なのかといいますと、中年期以降の人に特にメリットのある保険と言えます。

 

三大疾病保障保険とは癌と急性心筋梗塞と脳卒中を専門的にカバーしてくれる保険だということは既に紹介しましたが、三大疾病は中年期以降に発病するリスクが非常に高いのです。

 

但し癌に関しては比較的若い年代の人でも発病してしまうことがありますし、若い人が発病してしまうとその後高額な医療費に困ってしまう可能性が高いと考えられるので、もちろん若い人が加入することにも大きな意義があります。

 

三大疾病保障保険とはどのような保険がということについてご理解いただけたかと思いますが、実はこの保険には様々な契約の種類がありますし、カバーできる内容については各保険会社ごとに異なるため、契約前には内容をしっかり確認することをおすすめします。

 

三大疾病保障保険に加入するメリットを解説

三大疾病保障保険とは具体的にどのような保険なのかということについて理解したところで、続いては三大疾病保障保険に加入するメリットについて確認していきましょう。

 

メリットとしてまず挙げられるのが死亡リスクが高い病気に対してしっかりとカバーができることです。

 

三大疾病保障保険に加入しておけば病気が長期化してしまうリスクにも備えることができるので、より安心して日常生活を送ることができます。

 

また三大疾病保障保険には、終身タイプの契約が可能というのも大きなメリットとして挙げられます。

 

終身タイプに加入しておけば、加入後にもしも三大疾病を発症しなかった場合には契約満了時に解約返戻金を受け取ることができるので、最小限の負担で重病のリスクヘッジができるのです。

 

重大な病気に対する保険の場合、保険料は掛け捨てとなっている商品は多くあるのですが、三大疾病保障保険の場合は掛け捨てではないので、節約志向が高い人でも安心して契約できるのです。

 

なお三大疾病保障保険とは何度も保険金を受け取ることができる保険商品ではないことを覚えておく必要があります。

 

例えば最初に癌を発症してしまい、保険の適用を受けて保険金を受け取った後で脳卒中を患ってしまった場合にも2回目の保険金の受け取りはできない内容の保険となっています。

 

三大疾病保障保険まとめ

三大疾病保障保険とはどのような保険なのかということや、三大疾病保障保険に加入するメリットなどについてお分かりいただけたかと思います。

 

特に心筋梗塞や脳卒中などのリスクが高まる中年期以降の人であれば加入するメリットは大いにあると考えられますし、癌は年齢に関係なく発病するリスクがあるため、この保険は年齢や性別に関係なく万人におすすめできる保険商品と捉えられます。

 

普段からこの三大疾病保障保険をかけておけば、不測の事態においても家計の心配をすることなく、治療に専念することができます。

 

そのため、近年において加入者は増加の一途をたどっており、病気への備えを万全にしているのです。

 

保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーの説明をよく聞いて、三大疾病保障保険に入って、自分と家族の未来を守りましょう。