Meiさんの保険のビュッフェ評判|医療保険について詳しく知りたかった

Meiさんの保険のビュッフェ評判|最新の医療保険について詳しく知りたくて相談

Meiさん

【自己紹介】
ニックネーム Mei
家族構成 夫40歳 会社員
     妻40歳 自営業
     子供 5歳
     子供 2歳
神奈川県在住

 

【保険のビュッフェに相談した理由】

一人目の子供が生まれてからとりあえず安心のためにと主人の会社の団体保険に入っていたのですが、内容は死亡保障のみの保険で、二人目の子供も生まれこのままでいいのかという漠然とした不安を持っていました。

 

主人にもしものことがあったら生活していけるのかな?最新の医療保険ってどうなってるの?そもそも医療保険って必要なのかな?といろいろな疑問があり、複数の保険会社の商品を見ながら総合的に提案してくれる保険のビュッフェに相談してみようと思いネットから相談の申し込みをしました。

 

【申し込みから面談日確定まで】

まずはネットから希望エリア、希望日時、面談希望場所を選択しました。

 

私はよく買い物に行く先のカフェが指定場所としてあったのでそこだと時間の負担なく行けると思い、そのカフェを選択しました。
申し込みをした翌日にはカスタマーセンターより『相談確定のご連絡』というメールが送られてきて、担当FPさんのお名前も書いてありました。

 

女性だったのでなんでも話せそうだなとちょっとほっとしました。(初対面の男性の方に家庭の事情をなんでもさらけ出して話せる自信がなかったので・・・)

 

面談日前日には再度『面談日前日のご案内』というメールも送られてきて、毎日バタバタと忙しくて予定を忘れていた私は、ほっとすると共にきちんとした代理店だなと安心感を持ちました。

 

【面談1回目】

カフェの待ち合わせに向かっている時に、ふと(顔を知らない人と待ち合わせってどうやって相手がわかるかな?)と心配になりながら歩いていましたが、その時に担当FPさんから

 

「カフェに着いたら電話ください。入口まで迎えに行きます」


とショートメッセージを頂きました。

 

それで、よかった!と安心しながらカフェに向かいました。

Meiさんの保険のビュッフェ担当FP

FPさんは同年代?ぐらいの笑顔の素敵な女性で、紺のパンツスーツをきれいに着こなしている清潔感のある方でした。

 

とても話やすい印象の方で、お互い子供もいることからそれぞれの家庭の話をざっくばらんに話しすぐに距離が縮まりました。

 

そして、このFPさんになんでも相談しよう!という気持ちになりました。

 

 

「今回はどうして相談しようと思ったのですか?」


という質問に
「子供が2人生まれて、夫は死亡保障のみ、自分は入っていないのでこの先に漠然とした不安がある」
「医療保障は本当に必要なのか?国の高額医療費制度があるから一定額を超えると支払わなくていいし、保険で備える必要はないのではないか?」
と率直に思っていることを話しました。

 

そうすると、「死亡保障も大事だけど、生きていくための医療保険が大事(ガンは手術してからの通院などが長くお金もかかる)、高額医療費制度の中には先進医療にかかる費用は含まれていないから、ガンなどにかかって先進医療を受けたい場合は全額自費になるから備えが必要」と教えてもらいました。

 

私はすべての治療に対して高額医療費制度が適用になると思っていたのでびっくりしました。

 

先進医療を受けたら助かるかもしれないのにお金がなくて受けられない、、、そんな事態になったら幼い子供たちを残して死んでも死にきれないと思いました。

 

毎月数千円でその安心が買えるのならと思い、医療保険を中心に考えていこうかなとお伝えしました。

 

その日は1時間程で終了し、次回の面談のお約束をして帰りました。

 

【面談2回目】

今回は何か提案があると思って楽しみに面談場所に向かいましたが、その日は女性特有の病気の最新情報やガンになったらいくらぐらい医療費がかかるといった情報提供の時間で1時間が終了しました。

 

女性のガンの8〜9割は乳がんであることや、ガンの先進医療(重量子線治療)のこと、この治療ならこの病院が有名で実績もある等、私の知らないことが多くてとても参考になりました。

 

ただ、「じゃあ実際にそういう治療もカバーできる保険ってどんなものがありますか?」とお尋ねすると

 

 

「今回は提案書は持ってきてないので次回作って持ってきます」


とのことでした。

 

私は実際に提案書を見て金額なども確かめておきたかったので少し残念な気持ちになりました。

 

FPさんとしては、面談1回目2回目で情報提供をしっかりとして信頼関係を作り、保険に加入するというモチベーションも高めた上で提案という考えだったのかもしれませんが、私は1回目で「もう保険は入っておかなければ!」という加入する気満々だったのでちょっと肩透かしをくらったような感じでした。

 

それと、子育て中であまり何度も時間を作れないこともあり、次回は面談ではなくてメールで提案を送って頂けないかという旨をお話しましたが、「保険の提案はメールではしてはいけないことになっている」ということで、やはり面談という形しかないということでした。

 

その後いろいろと用事が入っており、後日お互いにショートメールで日時のすり合わせをして3回目の面談日程を決めました。

 

初回の面談の終わりの際に、「次回は提案をお願いします」と明確に希望を伝えておけばよかったなと思いました。

 

【面談3回目】

待ちに待った提案の日です。

 

担当FPさんとも3回目となると、まるで友人のようにリラックスして待ち合わせをして、心を開いてなんでも話せる雰囲気になっていました。

保険のビュッフェFPから提案されたアクサ生命

提案して頂いた保険はアフラックの「生きるためのガン保険」とアクサ生命の「スマートケア」でした。

 

アフラックは、やはりガン保険のパイオニアということで内容がどんどん新しく更新されていておすすめとのことでした。

 

アクサ生命はアクサ生命にしかない特約(患者申出療養サポート)がおすすめで、その特約を持つだけでもアクサ生命に入るメリットはありますということでした。

 

複数の保険会社の商品からピックアップして紹介してくれるのはとてもいいと思いました。

 

自分ひとりでこれをやろうと思うと情報収集に時間もかかるし、保険の商品は複雑なので何がいいとか悪いとか、パンフレットを眺めてもとても判断がつかないと思いました。

 

そういった点ですべてを理解しているプロになんでも聞けるのはすごくいいシステムだと実感しました。

 

実際の提案書を見ながら、その場で「じゃあ入院日額を増やしたらどうなるか」や「一時金を減らしたらどうなるか」といった細かいリクエストにもパソコンのタッチパネルを操作しながら金額を即座に出してくれてありがたかったです。

 

自分の考える予算に合うかどうか、予算の範囲内に収めるにはこれを外してこれは残して、、、とあれこれ一緒に考えて納得できるプランが出来上がりました。

 

【面談を終えての感想】

今回は漠然と不安に思っていた保険について、プロの視点で複数の会社の中からいろいろと提案してもらうことができて本当に良かったと思います。

 

自分で1社だけに相談しても、他はどうなのだろうとまた他の会社に相談し、何度も同じ話をいろんなところですることになって結果的にすごく時間がかかっていたと思います。

 

保険のビュッフェの場合は、1人のFPさんに1回話をすればそれをふまえて商品を選んでくれるし、直接顔を合わせるので信頼して話を進めることができました。新しい医療の情報も聞くことができて有意義な時間でした。勧めていただいた提案で今後契約をしようと思っています。

 

※保険のビュッフェ面談特典のプレゼント

保険のビュッフェのプレゼント「ポータブルモバイルバッテリー」

薄型ポータブルモバイルバッテリーを頂きました。予約メールして1週間程で届きました。

 

>>http://www.hoken-buffet.jp/(保険のビュッフェ公式ホームページ)