Maiさんの保険のビュッフェ口コミ評判(結婚直前)

Maiさんの保険のビュッフェ口コミ評判(結婚直前)

Maiさん

保険のビュッフェに相談した目的

私は現在29歳の女性で、会社員です。付き合っている彼がいて、今年中に結婚したいと思っています。私は昔からちょっと変わりもので、貯金をすることが趣味なんですよ。(笑)

 

こつこつと貯めては保険に入り、万全の対策をしたいと思ってきました。
でも彼は、何の計画もなくて、今まで貯金もほとんどしていないし、保険には一切入っていません。
この前結婚の話をしていたんですけど、そこで初めて彼が保険に全く入っていない事を知りました!!

 

正直驚きました。結婚後、彼に何かあったりしたらどうしたらいいのか分からないし、まして子供がいたらもし、旦那さんが仕事出来なくなったり、将来的に先に死んでしまったらどうなるんだろうと心配になってきて、そんな時保険のことを総合的に相談できるところがあると知ってアドバイスをもらえたらなと思って保険のビュッフェに応募しました。

 

保険のビュッフェ申込み〜面談まで口コミ・評判

申込について

「保険のビュッフェ」の申し込みはインターネットで全て完了できましたよ。

 

記入する内容は

  1. 希望するプレゼント
  2. 相談内容で当てはまる箇所をチェック
  3. 希望の日付・場所
  4. 申込者(自分自身の)名前や住所、職業、配偶者の有無、子供の有無

ぐらいしかなかったです。

 

面談時間に関しては30分単位で指定できたので、私のような多忙な人でも、2時間空いていれば申込ができるのでいいなと思いました。

 

面談場所についてはカフェでも自宅でもどこでも大丈夫ということでした。私の場合、はじめはめんどくさいし、自宅にしようと思っていましたが、よくよく考えると掃除はしないといけない、飲み物も出さないと行けない、相手が男性だったら洗濯ものとかも、私はいいけど、相手の方に迷惑かなとか色々思って、面談場所は外にしました。

 

もちろんカフェでもいいのですが、1杯300円かかります。(泣) 私はかなりの節約家なので、飲食コーナーだったらスーパーで買ったジュースでも持ち込めば100円で済むのに!と思って、最終的に近くの大型スーパーの中にある飲食コーナーにしました。

 

ショッピングモール

 

申し込み後〜面談前日の口コミ・評判

申込みから1日後こんなメールが来ました!

保険のビュッフェカスタマーセンターから来たメール

 

メールの中のサイトを開くと、IDとメールアドレスを聞かれます。
IDはメールの最初数字とメールアドレスを入れてログインします。

 

すると面談の日付と場所が書かれてあるページにとびました。
それを確認してページを閉じました。

 

その日から面談までは2週間は空いていたのですが、その間は何も連絡がなかったです。
私は前日にいちいち電話がかかってくることを面倒くさく思う性格なんです。なので最小限に連絡を頂けてちょうど良かったです。

 

面談の前日には担当者の方からメールをいただきました。そのメールがこれです!

保険のビュッフェからの確認メール

 

見た瞬間あれ?となりました。私は仕事で外回りが多く、毎日の予定がコロコロ変わるのですが、翌日の15時を見ると、完全に仕事とかぶっていました。

 

やばい!と思って、すぐに同じメールに携帯番号もかかれていたのでその携帯番号に連絡をし、事情を説明すると、快く変更していただき、11:30に時間を少しずらして頂きました。FPさんの臨機応変さには感動です!!

 

保険のビュッフェFPからの返信メール

 

保険のビュッフェ面談当日〜面談直前の口コミ・評判

少し話はずれるのですが、当日の朝目を覚まして携帯を見ると、携帯アプリのLINEで「新しい友達が登録されました。」と表示され、誰かなと思い見てみると、今日会う予定のFPさんでした!

 

最近のアプリは携帯番号だけ分かればSNSやLINEなどさまざまな所でも発見されるんだと思いました。
でも個人的な写真もあったりするので、LINEはブロックさせてもらいましたが(笑)

 

そして予定時間の30分前に携帯のメールが鳴り、電話のSMSでメールが来ました。
それが右の写真です。

 

保険のビュッフェFPからのSNS

 

仕事で車を運転していることが多いので、電話よりメールの方が用件が分かるので大変助かりました!!
そして指定していた場所はこのショッピングセンターです。

 

保険のビュッフェのFPと打ち合わせをしたショッピングモール

 

車を止め、中に入ると、明らかにスーツで立っている人がいたので、この人だと分かり、声をかけました。

 

飲食コーナーなんですが、いつもあまり流行っていないのか、ガラガラです。
これなら他の人にも話を聞かれることもないので安心です。

 

保険のビュッフェの面談内容について

面談でのFPさんの印象

服装もきちんとされているし、清潔感もありましたね。50台の男性の方でしたがとても話しやすい印象でした。

 

お会いするまでに事前に電話で少し喋ったからかもしれませんが、すごく親しみやすい方で、「昨日はいきなりごめんなさい〜。」と声をかけ、和やかな雰囲気になったので、よかったです。

 

面談の話の内容について

席に着くと自己紹介をしてくださり、説明が始まりました。
いきなり保険の話をするのではなく、保険の話をする前に知ってもらっていた方がいいことがあるんですよと言われ、遺族年金と高額療養費について説明を受けました。

 

保険のビュッフェのFPから提案された遺族年金の書類

 

まず遺族年金のお話しなんですが、もともとの私の相談のきっかけである「彼が保険に1つも加入していない」という危機が少し救われたと思いました。
私たちの場合、私ももうすぐ30を超え、お互い30歳オーバーで彼は会社勤めの厚生年金です。

 

見せていただいた資料によると、旦那が35歳で死亡したとすれば、何もお金を払っていないのに1200万もらえる計算です。

 

さらに子供が1人いると3800万、2人いると4000万を超えるお金がもらえると説明され、そんな素敵なシステムを教えてくれてとても勉強になりました!

 

旦那に生命保険をかける必要はないのかと思いもしました。まぁでも冷静に考えると年収が400万だとしても10年働けばもらえるお金になるので、やはり早くに旦那を亡くすと、ある程度お金はもらえても苦労はあるので何か入らなければと思いました。

 

保険のビュッフェのFPから提案された高額療養費の書類

 

高額医療費についての説明では、日本では今どんなに手術をしてもだいたい最高でも10万弱になるということを教えてもらいました。
ただあくまででも毎月1日を1か月として区切っていますので、同じ1か月入院しても、2つの月をまたいでいると10万では収まらないという説明もしてもらいました。

 

そして、ずっと入院とかしていて毎月高額医療になってしまうと負担がかかってしまうので、過去12か月を振り返って3回高額医療になっている場合、4回目は5万ぐらいになるということも説明していただきました。

 

まとめると、万が一病気で1年間入院していたとしても10万×3か月+5万×9=75万、それに食費や雑費を足して100万あればどうにかなるということですね。でも1年間入院し続けることはほとんどないですよねぇ。

 

そしてここから最後のお話しとして保険の種類についての話がありました。

 

保険の種類ってなんとなく知っていて、理解はできていると思っていましたが、それぞれのメリットやデメリットについても詳しく教えてくださって、1つ1つ納得して話を聞くことが出来ました。

 

保険って今更、誰に聞いたらいいのかも分からないし、そもそも何が分からないのかが分からなかったので、復習をかねて、いいお勉強をさせてもらえました。やっぱり自分の知らないことを教えてくれるのはとても為になりますね!

 

同じ終身保険でも低解約の保険や、ドルなんかの違う通貨での保険があったりして、すごく興味が湧きました。

 

低解約はある程度何年間は解約をしても解約金はそんなにないのに、その年を超えると一気に解約金は跳ね上がっていました。もともと解約をすることを考えてなければこの保険で寝かせた方がいいなと思いました。

 

ドルはもともとあるということは知っていたのですが、詳しくは知らなくていっぱい質問してしまいましたけど、FPさんは全てではなく3割ほどはしてもいいのではと提案してくださいました。

 

円よりも増えていく額が2倍ぐらいになるし、1ドル100円だったものがもしも1ドル150円になったら、それだけで利益が出ると説明してくださいました。もちろん反対に1ドル70円になればその分損をする可能性もあるけど、その時はただ寝かせて置けばいいし、仕方なく解約した時も利率がいいので結局利益が出ることもあるということでした。

 

もう少し自分でも勉強をして、余力資金がある時にしてみようかな。

 

その後は、私が入っている保険の内容について相談しました。

 

私の保険についての相談

私は現在5個の生命保険に加入しています。
すべて貯蓄型の終身保険なんですけど、前期前納型で支払いは終わっています。

 

ある程度寝かせておけば、解約した時には払込みしたお金より多くのお金が返ってきますし、私が死亡すれば下記全ての合計なので約5000万が振り込まれることになっています。

 

払込額 死亡時の総受取額
5454700円 1000万円
3125000円 600万円
1997812円 380万円
5122502円 1000万円
9605466円 2000万円

私が加入している終身保険

 

私は貯蓄するのが趣味みたいなものだったので、ある程度のお金が貯まると生命保険に加入してというのを繰り返した結果になっています。

 

受取人は今は母ですが、結婚して子供が生まれたら子供にと思っています。

 

FPさんから私が入ってる保険の金額は特に聞かれなかったので、「終身保険に4、5個入ってます」とお伝えしました。そして「途中でまとまったお金が必要になったら解約しようと思っています。」と言うと、「解約より減額ですよ!」と言われました。

 

減額という言葉を知らなかったので内容について詳しく教えてもらいました。

 

保険のビュッフェのFPから説明を受けた終身保険

 

減額というのは保険を解約するのではなく、死亡時の受取額を下げて必要なお金だけキャッシュバックする方法のことらしいです。

 

減額にするメリットは2つあります。もし解約したときに500万受け取れるとしても500万全てを使うわけではないですよねぇ。

 

例えば300万必要だったとして、解約をすれば500万もらえるけど、200万余っちゃいます。
その200万を銀行に入れていてもお金ってほとんど増えないんですよねぇ。

 

でも必要なお金の分だけ死亡保険の金額を減額して残り200万をその保険に残しておけば200万円は保険に入った時の利回りで増えて行くらしいです!

 

昔は4%や3%で増える保険もありますし、今入っても1%ですので、銀行よりはるかに良い利率です。
2つ目は、生命保険を解約や減額をしてお金を受け取る場合は一時所得として税金を払う必要があるらしいです。

 

解約するとまとまったお金が入るけど、所得税が発生しないように計算してその分のお金だけ減額すれば余計に払う必要がないので節約になります。

 

この減額のメリットをFPさんに教えてもらい、とても今後に役立つことだなと感じました。

 

旦那に生命保険が1つもなければ私の加入している保険を1つ解約して、旦那の生命保険をかけようという気持ちでもともと相談したんですけど、それはやめた方がいいという事がわかりました!

 

あと私は近い将来子供を産みたいと思っていて、その事をFPさんに言うと、最近は医療保険に女性特約といって、女性特有の病気や、妊娠中のつわりなどでの入院や帝王切開での出産になった時でも保険がおりるものもあると教えてくれました。

 

私は彼とは身長が33p違うので、昔から出産は帝王切開になる可能性が高いと言われてます。

 

昔、今の彼ではないですが妊娠したことがあり、その時のつわりがかなり辛く、あのまま続いていれば入院になっていたぐらいひどかったと思います。
だからせめて子供を産み終わるまででも何か入っておいた方がいいのかなという考えがあり、それを相談すると、是非入っておいた方がいいですよとアドバイス頂き、今度会う時までに、資料を用意してもらえるそうです。

 

まさか自分が医療保険に興味を持ち始めるなんて思ってもいませんでしたので自分でも驚いています。

 

  現在加入中の保険   保険のビュッフェ提案内容  
  保険内容 補償額 保険内容 補償額
終身型の死亡保険 500万
終身保険 前期前納 1000万 左記はそのまま置いておき、まずは夫の保険に加入することを提案された。もし入るならこれから妊娠の事などを考え女性特約がある保険を勧められた 月に17500円の払い込みで医療入院一日5000円、女性疾病での入院一日5000円 乳房再建給付金額100万円の補償
  5454700円 600万    
  3125000円 380万    
  1997812円 1000万    
  5122502円 2000万    
  9605466円      
子供 なし なし なし なし
保険料総額 払った金額25305480円 保障額4980万円   17500円×掛け月+(夫)3326400円  

加入中の保険内容と、保険のビュッフェが提案した保険内容の比較表

 

保険のビュッフェの勧誘

強引な勧誘はなかったですよ。

 

勧誘というか今回の面談では基本的な説明や相談だけだったので、次に資料をもらえると思います。仕事をしながらですので、時間を調整するのは難しい時もあるんですけど、将来のことがかかっているので、時間をかけてゆっくりと自分に合うプランを探せていければと思ってます。

 

保険のビュッフェ総合満足度

保険のビュッフェでは私のしらない遺族年金の説明もしてもらえたし、今入っている保険を解約より減額の方が良いなど、色々と知識を増やしてもらい、自分でも少しは保険に関してレベルアップしたんじゃないかと思っています。

 

ただもともとも相談のきっかけの彼の生命保険の話は時間がなくてできなかったので、次に会った時にしようかなと思っています。

 

保険屋さんて色んなところにあるし、何を選んだらいいのか全然わからないんですけど、総合して紹介してくれる人がいれば、それぞれの保険会社の良いところも悪いところも教えてくれるし、私が別々の保険会社に保険をかけてても、それを総合して管理してくれる人がいれば安心だなと思います!

 

いつも同じ人だったら私の好みとか性格も分かってくれるし、一からまた説明しなくてもいいし、もっと早くこういうシステムを知っていればと思いました。

 

こういうのがもっと広まれば、みんなもそんなに迷わなくていいのにと思いますね。

 

加入中の保険内容もしっかりチェックしてくれます!
>>http://www.hoken-buffet.jp/(保険のビュッフェ公式ホームページ)