生命保険更新時の保険見直しポイント

生命保険更新時の保険見直しポイント

生命保険の相談

生命保険の更新のお知らせが来たら、早めに保険見直しを検討しましょう。ほとんどの更新のある生命保険は自動更新です。見直しをするなら生命保険の期限までに更新しない手続きが必要です。

 

生命保険見直しの際の最大の問題は契約者の健康です。「持病のある方向け」保険の保険料は高く、保障は低いです。健康に問題があるなら生命保険の更新は審査不要なので見直しはしない方がお勧めです。

 

しかし、健康に不安があると言っても程度問題です。ちょっと血圧が高いだけで降圧剤を服薬していても、加入できる生命保険もあります。どの程度ならOKかは保険会社の企業秘密で、企業ごとや商品ごとに線引きが異なってきます。まずは更新時期が来る前に相談してみましょう!
また、生命保険の見直しには1か月程時間がかかる事が多いので、更新時期の1か月〜2か月前には準備をしておくのが良いでしょう。

 

問題は誰に相談するかです。絶対にNGなのは生命保険会社の営業員に相談することです。おススメは生命保険の無料相談を受けてみることです。この場合のポイントは1カ所だけでなく出来れば複数カ所に相談することです。最近多い生命保険の無料相談サービスを利用しましょう。近所にショップが1つしかなくても、離島でない限り、自宅までの出張相談サービスもあるので是非利用してみましょう。

 

特にお子様がいる家庭では更新の時期にはまだ育ち盛りで、夫も働き盛りというケースが多いかと思います。無料保険相談する前に、知っておきたい生命保険の知識は以下の通りです。

 

生命保険の見直し予備知識

生命保険の更新を機に保険内容を見直すポイントとして一番おススメしたいのは、子供にお金がかからなくなるころまでの、長期の保障期間の定期保険に加入する事です。10年定期を更新しながら加入するよりも、最初の頃は保険料が高いと思いますが、55歳までならその期間ずっと保険料が変わらない点がお勧めポイントです。保険料を安くしたいならもっと安くする方法がありますが、健康リスクの高くなるころになっても一定額の保険金が約束されている点がお勧めポイントです。

 

上記と同じような保障が得られて保険料が安くなるのが収入保障保険という商品です。保険金を毎月の生活費分ずつ受け取る形式なため、死亡した時点によって、受け取れる保険金の総額が異なりますが、とりあえず生活に困窮しないためのお金は確保できます。

 

また、多くの方が生命保険に医療特約をつけていますが、生命保険本体を解約して特約だけ継続はできません。生命保険見直しを機に健康な方は医療保険に切り替えをお勧めします。「持病がある方向け」医療保険は保険料が高い割に保障内容が低いのでお勧めではありません。

 

生命保険更新時の保険見直しを相談する相手おすすめ3選!

保険のビュッフェ

保険のビュッフェ

  • 12社の生命保険会社の商品を取り扱えます。
  • 7年以上の実績を持っているファイナンシャルプランナーに相談出来ます。
  • 納得できるまで何度でも相談出来ます。
  • 保険の勧誘は一切ありません。

最適な保険を一括で相談も可能!
>>http://www.hoken-buffet.jp/(保険のビュッフェ公式ホームページ)

 

保険の選択

保険の選択

  • 顧客満足度98%の実績
  • 勧誘は一切なし
  • ファイナンシャルプランナーにランキングを付けて、優れたFPに相談できるシステムを採用
  • 納得出来るまで何度でも相談可能

優秀なファイナンシャルプランナーに相談可能!
>>https://hoken-choice.jp/(保険の選択公式ホームページ)