専業主婦になった時の保険見直しポイント

専業主婦になった時の生命保険見直しポイント

専業主婦になると生命保険見直しが必要かもしれません。働いていた時よりも、世帯収入が減る問題もありますので、子供がいる場合といない場合でも変わってきますが、その都度見直しが必要です。
保険の見直しとしてのポイントは、もしもの時にどれくらいの費用が必要になるかと、ご家庭の貯金を比較してみることです。

 

まず見直しすべきはご主人の生命保険です。
働いてた時よりも、もし先にご主人を無くした時の家庭への負担が大きくなります。
そんなことも考えて、少し生命保険の金額を見直して増やした方が安心かもしれません。

 

もしもの時に、専業主婦になりますと、仕事を探すこともすぐに見つかるとは分からないので、当面の生活費や養育費が困らないように考えないといけません。
保険金としていくら必要か、そこからご家庭の貯金を引いて考えることが大事といえます。
将来のことを見据えて考えることが重要なのです。想像しにくいことではありますが、生活をしていくにはお金が必要なのでとても大事です。

 

逆にご自身の生命保険の金額は減らしてもいいかもしれません。
色んなケースを考えながら、必要なもの必要でないものを考えていくことが大切です。
専業主婦だからこそ、時間はあるので保険の見直しをしっかりしておくには最適といえます。保険のビュッフェに相談して、複数の生命保険の商品を比較しながらご自身のご家庭に合うものを選んでいくことが重要です。
もしもに備えるために必要なものそうでないもの、しっかり話し合って考えてみるといいでしょう。

専業主婦になった時の保険見直しポイント関連ページ

生命保険の受取人は夫婦お互いに!
結婚したら、生命保険の受取人・指定代理請求者を夫婦お互いに変更しましょう。それまで加入していた生命保険の受取人が親であると、贈与税がかかったり、相続が争族になるかもしれないので、必ず夫婦にしておく事を忘れないようにして下さい。