生命保険の受取人は夫婦お互いに!

忘れずに!生命保険の受取人・指定代理請求者を夫婦お互いに変更

 

結婚する前から生命保険や医療保険に加入している人も少なくないと思います。そんな人は結婚したら忘れてはいけないのが死亡保険金受取人や指定代理請求者を結婚した相手に変更することです。

 

 

死亡保険金は死亡保険金受取人に渡される

生命保険では死亡保険金は死亡保険金受取人に指定してある人に渡されます。死亡保険金は契約者本人を指定出来ないので多くの独身の方は親などを指定しています。結婚したら、是非とも死亡保険金受取人を配偶者である夫や妻に変更しましょう。そうすることで、スムーズに保険金が夫や妻の口座に振り込まれます。生命保険だけでなく、個人年金や終身医療保険などの中には死亡した際に死亡給付金というお金が下りるものもあります。保険金と名前は違っても、同じ性質のお金なのでここではまとめて保険金で統一しています。

 

 

なぜ、親が受取人だと問題なのか?

<問題点1:相続が争族になるかもしれない>

 子供がいないうちに死亡する時に遺言書を遺してあるケースは少ないのではないでしょうか?
死亡したら、死亡保険金は死亡保険金受取人に簡単な手続きで振り込まれます。親が受取人に指定されていた場合、そのお金を親がどう使うかは親の意思で決まります。愛する妻や夫へ残せるはずのお金は預貯金やその他の資産だけになってしまのです。親と遺された妻や夫の間で醜い争いを避けるためにも、死亡保険金受取人は妻や夫に変更しておきましょう。

 

 仮に死亡保険金を受け取った親が遺された妻(や夫)にそっくりその金額を渡した場合でも問題があります。親に一旦振り込まれた保険金は親の財産です。そこから遺された妻(や夫)に保険金をそっくり渡しても、贈与とみなされます。贈与となると贈与税がかかってしまいます!

 

<問題点2:親が保険金受取人だとそれだけで贈与税がかかるケースがあります!>

 生命保険は契約者と保険料の負担者と死亡保険金受取人の組み合わせで、かかる税金がどの税金になるかが変わってしまいます。
a.保険金をかけられている人=保険料の負担者≠保険金受取人 
 という場合の保険金は相続税の対象になります。
b.保険金をかけられている人≠保険料の負担者=保険金受取人(妻が加入している生命保険の保険料を夫が支払っていて保険金受取人が夫で妻が亡くなるケースなど)
という場合は所得税になります。
c.保険金をかけられている人≠保険料の負担者≠保険金受取人(妻が加入している生命保険の保険料を夫が支払っているが、保険金受取人は夫ではなく妻の親のまま)
この場合の保険金は贈与税がかかります!

 

 

妻が「せめて葬式代分位は遺そう!」という気持ちから300万円の保障の生命保険に独身時代に加入しており、夫と一緒に住む際に夫が生命保険料を負担するようになった場合(上記のcに該当)、死亡保険金受取人を親から夫に変更しないだけで、300万円の保険金は親に贈与された形になり、保険金300万円を受け取った親は43.5万円を贈与税として納めなくてはならなくなります。
保険金の場合、aの場合の相続税では非課税限度額が法定相続人×500万円なので300万円程度の保険金は非課税扱いになります。また、bに相当する場合は所得税扱いになります。一般的に言えば、相続税ほど高額の税金は払わなくてよいかと思われます。
※所得税の場合、他の所得との兼ね合いで決まるので一概に言えません。

 

 

2つの問題点を見ても、生命保険の保険金受取人を独身時代のままにしていると面倒なことや損なことはあっても、決して良いことはありません。
保険のビュッフェに相談して、保険の見直しをする事をおすすめします。

 

指定代理請求者も配偶者に変更した方がおススメです

 生命保険や医療保険では一般的な特約になった「指定代理請求者の指定」も結婚を機に変更しておきましょう。この指定代理請求者というのは保険を掛けられている人が意識不明の事態になったりするなどの場合に保険金を請求できる人をあらかじめ保険加入者が指定しておくことです。また、事故や病気のために、死亡するに至らなくても高度障害で本人が保険金を請求できない時にも指定代理請求する人に指定されている人しか保険金の手続きを進められません。

 

終身保険、定期保険の区別なく生命保険に加入する際に必ずと言って良いほど指定を勧められているハズです。だれを指定代理請求人にしたか覚えていなければ、保険証書に記載があります。確認してみましょう。
 また、医療保険や医療特約などの場合は特に本人に告知を敢えてせずに治療を進めることがあるガンなどの時に入院保障や手術給付金などを本人に代わって請求できるという役割も果たせます。医師も配偶者がいる場合は、まず病状を説明する相手は夫や妻です。配偶者がいるなら当然、配偶者がなっておいたほうが便利です。

 

生命保険に加入する際に一般的には配偶者を死亡保険金や指定代理人に指定してあることが、便利だったり、損をしないために必要でしたが、既に子供がいる人の場合、親は法定相続人から外れます。結婚によって相手の連れ子と養子縁組した場合などはその子供が法定相続人になります。
保険金の法定相続分の割合に関係なく死亡保険金は子供や配偶者に分けても100%子供が貰う事になっても、法律上は問題がありません。連れ子のいる結婚の際は特に今まで加入していた生命保険の死亡保険受取人の受取額に関して夫婦で相談して決めておきましょう。

 

結婚する時は、生命保険の見直し時期でもあります。生命保険の受取人・指定代理請求者を夫婦お互いに変更すると同時に保険のビュッフェで保険見直しをすることも大切です。

生命保険の受取人は夫婦お互いに!関連ページ

専業主婦になった時の保険見直しポイント
専業主婦になった時の保険見直しポイント