結婚時に必要な保険内容

結婚時に必要な保険内容

結婚式

生命保険にはさまざまな保障があるため、一つの保険に加入するだけでいくつものリスクに備えることができます。そのため今の自分に合った保障が組み立てられるというメリットがあり、無駄な保障を省くことで保険料の節約につながるのです。

 

長い人生の間にはライフスタイルが大きく変わる転機が何度か訪れますが、初めの転機となるのが結婚でしょう。独身のうちは自分自身のことを考えて入院保障をメインにした保険に加入しておけば安心ですが、結婚すると配偶者や子供に対する責任が発生するため入院保障だけでは十分とは言えなくなります。

 

結婚した方に必要な保険は死亡保障と入院保障、収入保障が付いたものになるので、保険料とのバランスを考えながら最適な商品を探してみるといいでしょう。死亡保障の平均額は年齢によって異なりますが、責任世代と言われる三十代から五十代が最も多くなっています。

 

この世代は子供の教育資金にも備えなければならないため、男性では二千万円程度の保障を付けることが一般的です。
また女性の場合は一千万円前後が平均的な保障額になっています。

 

死亡保障以外では入院保障が欠かせませんが、この保障を付けておけば病気やケガで入院したときの医療費負担が軽減できます。入院保障は入院日額を設定することができます。
五千円から一万五千円の範囲で選ぶことになるので、月々の保険料を確認しながら設定しましょう。
また手術保障の有無も商品選びのポイントです。

 

予め必要な保障内容を整理しておくと、保険のビュッフェに相談する時に話しがスムーズになりますよ!

結婚時に必要な保険内容記事一覧

生命保険の受取人は夫婦お互いに!

結婚する前から生命保険や医療保険に加入している人も少なくないと思います。そんな人は結婚したら忘れてはいけないのが死亡保険金受取人や指定代理請求者を結婚した相手に変更することです。死亡保険金は死亡保険金受取人に渡される生命保険では死亡保険金は死亡保険金受取人に指定してある人に渡されます。死亡保険金は契...

≫続きを読む

 

専業主婦になった時の保険見直しポイント

専業主婦になると生命保険見直しが必要かもしれません。働いていた時よりも、世帯収入が減る問題もありますので、子供がいる場合といない場合でも変わってきますが、その都度見直しが必要です。保険の見直しとしてのポイントは、もしもの時にどれくらいの費用が必要になるかと、ご家庭の貯金を比較してみることです。まず見...

≫続きを読む