掛け捨てと積立はどっちが得?掛け捨てと積立のメリットについて

掛け捨てと積立はどっちが得?掛け捨てと積立のメリットについて

保険には掛け捨て型と積み立て型があります。

 

掛け捨ての方には「捨て」という言葉が入っていることもあってか、良いイメージを持っていない方もおられます。

 

しかし、実際には掛け捨てと積み立てにはどちらもメリットとデメリットが存在し、いずれかが一方的に優れているということはありません。そこで違いを確認していきます。

 

掛け捨て保険の特徴(メリット・デメリット)について

掛け捨て保険とは簡単に言うと解約返戻金が少なかったり、無かったりする保険のことです。

 

けがや病気になることがなく日々を過ごしていると、お金がほとんど返ってくることがありません。

 

これまでに掛けたお金が戻ってこないという意味で掛け捨てと呼ばれています。

 

しかし、これは保険のシステムからすると珍しいものではありません。

 

保険は万が一の際に保険金を受け取るものであり、何事も無ければお金が返ってこないのが一般的でした。

 

ところが、それでは健康に過ごしていた方が保険料の分を損してしまうのではないかという考え方が生まれ、解約返戻金の付いた積み立て型の保険が登場することになります。

 

これだけ聞くと健康な場合にお金の返ってこない掛け捨てにはメリットが無いようにも見えますが、明白なメリットがあります。

 

それは保険料が安いということです。

 

解約返戻金が少ない、あるいはないということはその分保険会社の負担も小さくなります。

 

それが保険料の安さという形で表れているのが掛け捨ての保険です。

 

予算は少ないけど保険に入りたいという場合や途中でやめてしまう可能性がそれなりにあるという場合には特にお勧めできる保険のタイプとなっています。

 

ローコストで利用できる保険なので加入のハードルも少し低めです。

 

また、掛け捨てではあるものの、掛け続けることで保障継続させることも出来ます。

 

積み立て型保険の特徴について

積み立て型の保険では保険料を支払い続けていくことで、一定の期間を超えて解約すると解約返戻金が受け取れます。

 

保険に加入した後に病気や怪我無く過ごしていれば通常はお金を受け取ることがありませんが、積み立て型の保険であれば解約返戻金という形で受け取れます。

 

ボーナスのような感覚でお金を手にすることが出来る特徴を持っています。

 

健康な方にとっては保険に加入し続けるモチベーションを保ちやすい保険と言えます。

 

健康で過ごしていても、万が一のことがあっても何らかの形でお金が受け取れるということは掛けたお金が無駄にならないということですが、途中で解約すると解約返戻金の額が大幅に少なくなってしまう可能性があります。

 

いつ辞めてもまとまったお金が手に入るかというとそうではなく、ある程度の期間において加入し続けることが重要となります。

 

保険料に関しては掛け捨て保険よりも高めに設定されています。

 

こちらは健康であってもお金の受け取りが発生するため、保険料は高めに設定されます。

 

そのため、この保険を利用したいと思っていても保険料の関係で、掛け捨ての方を選択するケースが少なくありません。

 

保険料が高めであること、長期加入がある程度前提になることなどから、加入する際のハードルは掛け捨て型よりも高いといえるでしょう。

 

保険の種類ごとに異なる

保険商品の中には掛け捨てと積み立てのどちらかしかないものもあります。

 

例えば死亡保険の定期保険や収入保障保険は基本的に掛け捨ての保険となります。

 

定期保険の期間を伸ばしていくと積み立て型の特徴を持つ保険商品が登場します。

 

その保険商品は長期定期保険と呼ばれます。

 

この保険は掛け捨てと積み立ての両方の性質を持っていて、満期時の返戻金は0円ですが途中でお金が貯まっているという特徴があります。

 

死亡保険の中でも終身保険は積み立て型の仕組みが採用されています。

 

終身という言葉からも分かるように、途中でやめることがあまり想定されていないからです。

 

返礼率は年齢や払い込みの期間によって変わるのが一般的です。

 

三大疾病保険や医療保険に関しては、掛け捨てと積み立ての保険商品が両方とも用意されていることが多いです。

 

これらの保険を選択する際にそれぞれのメリットとデメリットを知っておくことが大切になります。

 

がん保険に関しては掛け捨て型が主流となっています。

 

これはがん治療には大きな費用がかかることが関係していると考えられます。

 

積み立てだとがん保障と返戻金の両方で費用がかかり保険を成立させづらくなるのが理由だと考えられます。

 

逆に学資保険などはその目的からも積み立て型保険となっており、返戻金は入学資金や学費などに充てられることが多いです。

 

掛け捨て型と積み立て型保険まとめ

保険には掛け捨て型と積み立て型があり、この2つは単純な良し悪しではなく明白な特徴を持っています。

 

保険の中には掛け捨てが主流となっているものと、積み立てが主流になっているものがあります。

 

これはこの2つがメリットとデメリットを持っているからこそのことです。

 

医療保険や死亡保険の三大疾病保険はいずれのタイプもあるので、自分に合った方を選択することが大切になります。

 

保険選びの際にはプランごとの違いにも着目しながら、保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーに相談をしてみましょう。