女性疾病特約とは?僅かなお金でメリットを得られる

女性疾病特約とは

病気の女性

女性疾病特約とは主たる医療保険につける特約のことで、女性特有の病気に罹患して入院したときに基本保障金に上乗せして給付金が支払われると言うものです。

 

具体的な対象は、保険会社や保障のプランによっても異なりますが、主に、子宮がん・乳がん・卵巣がんなどの女性特有のがんや、子宮内膜症・子宮筋腫、他にも妊娠や分娩における合併症にも対応できるケースもあります。

 

また、女性がかかってしまうことが多い、甲状腺腫・慢性リウマチ性心疾患・下肢静脈瘤・腎結石も対象となっているプランも存在します。

 

とくに女性疾病特約が活躍するのは、健康保険が適用されない治療が必要なケースです。
たとえば、乳がん摘出後の、乳房再建手術などがこれに当たります。

 

もし乳がんの不安がある場合などは、女性疾病特約つきの医療保障が、大きな心の助けとなります。

 

本稿では女性疾病特約とは何かその意義や、メリット・注意点などを御紹介します。

 

女性疾病特約とは何か

そもそも女性疾病特約とはどのような意義を持っているのでしょうか。

 

それは女性特有の病気の治療の為により、手厚い給付金の支払いを受けることが出来る点にあります。

 

現代の日本では、食生活の欧米化や晩婚化の影響で乳がんに罹る女性が増えています。

 

多くの場合手術などの根治治療を1回行えばそれで終了すると言うわけではなく、放射線や化学療法・ホルモン療法なども追加して受けることになるので、治療は長期化する傾向にあり、当然費用も嵩むことになるのは明らかです。

 

例えば乳がんで入院した場合の1日あたりの基本給付金が5000円の条件として特約で5000円上乗せしている場合、1日10000円の給付金の支払いになる訳です。

 

女性疾病特約の対象疾患の詳細は保険会社によって異なりますが、典型的な女性特有の病気で入院した場面では手厚い保障を受けることが出来るメリットがあるのは確かです。

 

その反面、特約として本契約に付属して、保障範囲を広げることになるので毎月支払う保険料が増加することにもなります。

 

なお女性疾病特約と銘打っているので、この特約を締結しないと女性特有の病気の保障が無くなるのかというと、全くそういう心配は必要ありません。

 

通常の医療保険単体でも給付金は支払われます。

 

要は保障が厚く上乗せされると言うだけです。

 

女性疾病特約とはどれほどの必要性があるのか

それでは女性疾病特約とは医療保険に加入したら、必ず追加するべきものでしょうか。

 

この点は個人のライフスタイルに密接に関連してきます。

 

女性疾病特約では保険によっては帝王切開に対しても、補償対象に含めているものも少なくありません。

 

もちろん公的医療保険から出産時一時金が支給される訳なので、どの程度の必要性を感じているのかは個人差が大きいのは確かです。

 

今日では帝王切開で分娩する女性の割合はおおむね20%とされています。

 

将来は出産の可能性がある方は、そのあたりの保障をどの程度まで必要と考えるのかを元に判断するのが妥当です。

 

とは言っても女性特有の病気の治療に迫られても、費用が跳ね上がるといったことはありません。

 

ただ乳房や子宮などの病気では女性のシンボルとも言うべき部位で在るだけに心理的ストレスも大きくなるので、せめて保障を手厚くして、治療費の工面に終われるような事態だけは、可能な限り回避する趣旨で特約事項に含められている訳です。

 

またわずかとは言え月当たりの保険料の支払いが増加することになるのです。

 

長期的に見ればそれなりのコスト増に繋がります。

 

そのときの自分が置かれた状況に応じて必要は給付内容が何かを見直すことが大切です。

 

女性疾病特約も事後的に途中でやめることも可能です。柔軟にチャックすることがポイントになります。

 

女性疾病特約とはあくまで特約

女性疾病特約とは、あくまで医療保険の本契約に付属する従たる特約に過ぎません。

 

万が一、病気で入院した場合を想定すれば基本契約の充実や確認をしっかり行うことが基本になります。

 

例えば入院給付金は現在では5000円程度の保険が主流になっています。

 

1日5000円の給付金の場合、10日間入院すれば総計50000円の給付金の支払いを受けることが出来るわけです。

 

もちろん治療の方法によっては、より高額の自己負担金を支払うことになる可能性も十分ありえます。

 

このように考えると、5000円程度では足りないのではないか、と不安になるでしょう。

 

しかし健康保険等ではあまりに高額な自己負担金を支払った場合には、後日高額療養費の形で払い戻しを受けることが出来ます。

 

一般の方では1月あたりの自己負担金の最高限度額は8-9万円程度になります。

 

1日5000円の給付金でもかなりカバーできるのはお分かりいただけるでしょう。

 

ただし注意したいのは個室などの差額ベッド代や見舞いに来た家族への交通費などは全額自己負担になります。

 

せめて個室の落ち着いた環境で入院生活を送りたい、遠方から見舞いにきてくれた家族に交通費くらいは支払いたい場合には、女性疾病特約に加入しておくことは意義深いと考えられます。

 

このような事態に備えるなら1日10000円ほどの保障がある方が安心できるでしょう。

 

女性疾病特約まとめ

女性疾病特約とは医療保険の本契約に付ける特約のことで、女性特有の疾病の保障を手厚くするメリットがあります。

 

最近増加している乳がんなどでは治療期間も長引くことが多く、この特約をつけるメリットも見出せます。

 

しかし女性疾病特約がなければ保補を受けることが出来ないわけではなく、より支払いを受ける額を増やせるというわけです。

 

医療保険に加入しても女性疾病特約に必ずしも、加入する必要はありません。

 

個人のライフスタイルや人生設計に照らして必要か否かを判断して加入の是非を検討してください。

 

女性疾病特約を付けるか迷った時には、保険のビュッフェの担当者とよく相談するなどして、自分にもっともあった医療保障プランを選ぶことが大切です。

 

女性疾病特約を上手に活用して、病気に負けない人生を送っていきましょう。