これだけは知っておきたい保険の見直しポイント

保険の見直しポイント

保険の見直し1つで保障内容を充実させたり、保障内容はそのままで保険料を削減する事が出来ます。
保険を見直す際の主なポイントは下記の5つありますが、検討する上ではどれも大事なポイントになります。
特に結婚出産などでライフスタイルが変わった人は、独身時代に契約していた内容と合わない時が多くなります。その様な時が見直しの時期になります。

 

  1. 保険料
  2. 生命保険の種類
  3. 保障期間
  4. 保障金額
  5. 受取人

 

保険料

保険料は大きなウエイトを占めており大事な検討項目になます。
例えば支払い方法により割引きがあるので、月払い、半年払い、年払い、一時払い、期限前納などがあります。
後者にいくほど料金が割り引かれるため、一気に払うと高額にもなりますが、月払いよりもトータルで節約になるのでお得になります。

 

生命保険の種類

保険の種類もとても大事で、必要な時に保証が受けれない状況だと何の意味もありません。
例えば子供などが社会人になるまでは家族の生活を守る意味も込めて医療や死亡保障を付けますが、子供達も大きくなり自らが定年した場合は、老後についての保証を考えなければなりません。その時は死亡ではなく終身型になります。

 

保障期間

保障期間について注意が必要な事は、実際に必要な期間より短い期間でしか保障されていない事です。
生命保険は、加入時に年齢が高いほど支払額も高くなるシステムになっており、保障期間が終了して再契約する時に更に高額な料金になります。
目先の安さに騙されずに保障期間を必要な長さまで確保出来る様に選ぶ事が大事です。

 

保障金額

保障金額の見直しは、高く設定するほど安心しますが高く設定すると毎月の支払いも負担になります。
自分の資産や収入の身の丈にあった内容で検討します。

 

また、万が一の時には各年金に加入している遺族年金をもらう事ができます。
年金収入と預貯金、会社によっては死亡退職金などもあるので、それら全てを考慮し残された家族が生活に困らない程度の保障内容にするのが良いです。

 

受取人

意外と重視していない方が多いのですが、受取人は税制面の問題があるのでとても大事な検討材料です。
殆どの方が法定相続人である配偶者や子にしているはずですが、仮に配偶者であった場合は、遺産の法定相続分まで相続税がかからない税額控除があります。

 

配偶者控除の額も高いので受取人は配偶者にする事で、大きな税制上のメリットが受けられます。
特に結婚前に受取人を両親にしている方は、配偶者に変更すると良いです。

 

上述した保険料の見直しポイント5つは最低限検討しなければなりません。
今は無料で保険を見直し検討してくれる保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーや無料窓口相談もあるので、1度相談するのも良い方法です。