保険のビュッフェの店舗(梅田事務所)で相談した評判

保険のビュッフェの店舗(梅田事務所)で相談した評判

はまださん

【自己紹介】
ニックネーム:はまだ
年齢:27歳
職業:会社員(福祉関係)
住まい:大阪市在住、独身一人暮らし
相談場所:大阪の保険のビュッフェ店舗(梅田事務所)
保険未加入

 

保険のビュッフェに相談したきっかけ、理由

いままで保険には入ったことがありませんでした。最近友人と保険の話になり、知識はないよりもあったほうが今後の人生の選択肢が拡がると思い相談させて頂きました。

 

保険のビュッフェは無料で何度でも相談できることとプレゼントがあるのがいいなと思い、保険のビュッフェを選びました。

 

申し込みから面談まで

ウェブからの申し込み後、担当者の方から挨拶の電話がありました。電話では声だけなので人柄が伝わりにくいものですが、本当に丁寧でこの人なら良くしてくれそうだなという印象を受けました。実際に、私の都合で面談日の変更をお願いした時に、直前の日程変更にもかかわらず快諾して頂きました。

 

面談1回目

保険のビュッフェ梅田事務所

面談は保険のビュッフェの梅田事務所:(大阪府大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル30階)で行いました。
自宅でも良かったのですが、書類やパンフレットなどをその場で受け取れるので手間がかからないかなと思い、事務所にしてみました。

 

親切丁寧でしっかりされている印象を受けました。はじめに自己紹介をして下さり、自作のプロフィールカード(経歴や実績、趣味など)をみせて頂いて、担当者の方がなぜ保険の仕事をしているのか、どんな背景の人なのかわかりやすかったです。

 

はじめに現状の興味・関心があるものきいてもらって、何がどのくらい必要か私の現状把握をして頂けたことが良かったです。
また全くの無知の私に、イメージできるように保険をビジュアル化してもらえたのが良かったです。

 

 

人生の3つの落とし穴

保険の話の前に「人生という長い道には、3つの落とし穴が待ち受けていると考えています」とおっしゃっていて、一つ目は死亡、二つ目は病気やケガ・働けなくなったとき、三つめは長生きすることによってはまる落とし穴があって、それを事前に埋めておくのが保険なのだと教えて頂きました。保険のイメージが膨らんで、これからの話が頭に入りやすかったです。

 

 

また保険には3つのかたちがあって@定期保険、A養老保険、B終身保険とタイプ別に説明してもらいました。
さらっと説明してもらって@定期保険はかけすてで、A養老保険は払い込みが終わったら満期金が返ってくる貯蓄のようなもの、B終身保険は払い込みが終わっても返戻金が増えていくものと教えて頂きました。
保険のタイプがわかって本題にいく準備ができました。基礎の基礎から丁寧に教えて頂き、担当者の方に感謝でした。

 

保険の3つの形

 

面談2回目、FPからの提案

まず日本人の最大のリスクは長生きすることだとおっしゃっていて、福祉関係の仕事をしている私は高齢者の方を相手に仕事をしているにもかかわらず、自分の将来像や先のことまで深く考えたことがありませんでした。
お金の仕分けの話で、直近に使うお金(生活費)や2〜10年以内に使うお金(結婚、家、車)、10年以上先に使うお金(老後、教育費)について教えて頂き、お金を増やすコツは10年以上先に使うお金には金利をつけることが大事と言ってもらいました。そのための選択肢の一つとして保険があると言ってもらって知識をつけることは大事だなと感じました。

 

2回目の面談で、担当者の方から下記4点の保険を提案して頂きました。特に1回目の面談で教えてもらった3つの落とし穴のうち、2つの穴(死亡と長生き)が埋められる「アクサ生命」に興味をもちました。

アクサ生命

アクサ生命

→死亡保障の準備をしながら積極的な資産形成ができる変動保険

メディカルkit NEOV型(60日型)東京海上日動あんしん生命

メディカルkit

→入院したときの保障

FWD富士生命 新がんベスト・ゴールドα

FWD

→がんの保障

アフラック

アフラック

→病気やケガで働けなくなったときの保障

 

アクサ生命【死亡保障の準備をしながら積極的な資産形成ができる変動保険】

世界最大の保険会社で、日本生命やかんぽより大きい会社と教えてもらって、実績があって信頼できる会社だと思いました。
死亡保障の準備をしながら積極的な資産形成ができるところがいいなと思い、中身の話をきいてみるととても面白いものでした。
資産形成のしくみについて、株と債券をアクサ生命が依託してその道のプロの専門家が運用していると話をききました。
「これは自分で考えることなくお金を預けるだけで簡単ですよ」と言ってもらい、マジか?という衝撃とギャンブルじゃないの?と不安になりましたが、「投資のルールを守ればプラスになります」と言ってもらって衝撃の連続でした。

 

投資のルールは3つあって、

  1. 投資先を分けること
  2. 投資するタイミングをずらすこと
  3. 長期間行うこと、最低10年以上

あくまでもルールを守ることが大事と言ってもらって、ある事例では学校の先生が定年で退職金3000万円を使って投資をした話をしてもらいました。

 

大手の一つの運用先に托した2カ月後に大災害が起こり、運用先の株価が大暴落して資産のほとんどを失ったと話をききました。一つの運用先に托すこと、ルールを守らないことがギャンブルだったんだなと思いました。

 

賢い人は投資先を分散させていると言ってもらって、また投資するタイミングずらすことが大事で、短期間では運用実績はプラスマイナスと振れ幅が大きいので最低10年以上、20年以上やると必ずプラスになると過去の運用実績をみせてもらいながら教えて頂きました。

 

保険のメリットとデメリットを根拠立てて丁寧に教えてもらえたのが良かったです。

 

メディカルkit NEO V型(60日型)東京海上日動あんしん生命

病気やケガの入院で1日5000円の給付金が受け取れるのがいいなと思いました。
かけすての保険ですが、27歳の私がいま入ると月々2000円弱の支払いで一生涯の保障がきくところがいいなと思いました。

 

FWD富士生命 新がんベスト・ゴールドα

がんになった時の治療で100万円受け取れる保険だと教えて頂きました。がんになると治療費が高くつくイメージがあって実際に通院にもお金がたくさんかかると教えてもらい、一括で100万円受け取れるのはありがたいなと思いました。

 

アフラック

病気やケガで働けなくなったときの給与サポートと教えて頂きました。国の公的保障に加えてプラスで保障がついて働けなくなっても今の生活水準が保てるところがいいなと思いました。

 

福祉関係の仕事をしていて毎日高齢者の方と関わることが多く、事故が起こる可能性も十分にあるので対策したほうがいいなと思いました。

 

面談3回目、面談を終えての感想

前回の面談から1週間考えて今回は契約を見送ることにしました。いままで保険に対して全くの無知だった私に基礎の基礎から丁寧に教えて頂き、今後の人生の選択肢が拡がりました。

 

保険に対する熱量やエネルギーが大きくて断りにくいなと感じましたが、契約を見送る旨を伝えた後に無理な勧誘はありませんでした。

 

面談を通して私の背景理解やプライベートな話もきいて下さり、私のためを思って提案して下さっている印象を受けました。特に印象に残った言葉があって、

 

「保険は契約したら終わりではなくスタートです。あなたの担当は私で、あなたをお守りするのが私の仕事です」


と担当者の方に言ってもらって、信念もって仕事をされているのが伝わってきました。今後保険に入る機会があれば「保険のビュッフェ」の人にお願いしようと決めていて、いまも担当者の方の名刺は大事にとっています。

 

保険のビュッフェのプレゼントについて

保険のビュッフェのプレゼント

1回目の面談から1週間程で届きました。ナッツ&ドライフルーツ3種類セットを頼んで、味も量もちょうど良くてお店で購入したら高くつきそうな商品でした。期待以上で本当にプレゼントもらっていいの?と思いました。

 

店舗で相談すると、パンフレットや資料がすぐに出てくるので便利ですよ!
>>http://www.hoken-buffet.jp/(保険のビュッフェ公式ホームページ)