学資保険や個人年金とは

学資保険とは?個人年金とは?

 

学資保険や個人年金というものも生命保険会社が販売しています。これらはその言葉が巷に浸透しているために、独立したジャンルであると思われがちですが、終身・定期・養老の基本の3つのタイプにきちんと分類されます。

 

学資保険とは?

 

学資保険とは子供の教育費などに掛かるお金を補助することを目的とし、契約した保険料をきちんと支払うことによって、教育資金が必要になると予め設定した時期に給付金としてまとまったお金を受け取ることができる保険です。主に祝い金や満期学資金として、契約時に決めた子供の年齢に合わせて給付金を受け取れるものです。

 

これだけ見るとオリジナリティある独自のジャンルの生命保険のように見えますが

  • 解約返戻金がある
  • 死亡保障がついている。
  • 満期祝い金が被保険者に支払われる

 

特性を紐解いてみると学資保険は終身か養老の保険であることがわかります。
要は、本来は終身保険や養老保険であるものを子供の年齢に合わせて決まった額の解約返戻金を祝い金として支払いつつ、残った部分は運用し続け最終的に満期金として返ってくるという形で組んだ保険プランを「学資保険」という商品名で販売しているものなのです。
この事実を知っていると、学資保険を考えるにあたって大きなメリットになります。

 

学資保険の特徴を知っている人は相談する時に「学資保険を組むならどういった保険で組むのが良いですか」と聞くのに対し、学資保険の特徴を知らない人は「どの学資保険がいいですか」と聞きます。

 

この違いがわかるでしょうか。学資保険は本来、将来の子供に対してかかるお金の準備を生命保険という形で用意するものであり、それが「学資保険」という名がついたものでなくてもいいのです。後者の相談の仕方だと「学資保険」という名がついた商品から選ぶことになるので、ひどく選択肢が狭いものになります。その保険が学資保険かどうかは、お客様の目的で決まるのです。

 

では、もっとも良い学資保険はどこを見て決めるべきか。答えは簡単です。指定した時期までの貯蓄が目的なので、その時期までの支払った保険料に対して解約返戻金の返戻率が高い商品を選ぶのが最良です。

 

これらは相談する生命保険募集人に「学資のための保険を組みたいのだが、この時期までの返戻率が最も高い保険を教えてくれ」と相談してみましょう。

 

個人年金とは?

 

個人年金保険とは、保険料を積み立てることで、将来、年金を受け取れるというものです。この「受け取り方」にはいくつか種類があります。
また、「年金」という言葉は、もともと「年々、受け取れるお金」という意味で、対義語は「一時金」になります。

 

年金は繰り返し受け取れますが、一時金は一回だけ受け取って終わりということですね。
個人年金保険は、もちろん年金を受け取る保険なのですが、一時金で受け取ることも可能です。この場合、積み立てた保険料を一時金で受け取った場合、同じ商品でも、年金形式で受け取る場合の総額より少ない金額になります。

 

少し損ではあるのですが、個人年金を早めに全部受け取りたい!という場合は一時金を選ぶことになります。
なぜ、一時金形式の方が年金形式でもらうよりも少なくなるかと言うと、一時金で全て受け取れば、当然積立金はすべてなくなります。
しかし、年金形式の場合は受け取ってもまだ積立金は残り、その分は運用をされ続けます。

 

こういった仕組みから、個人年金はその名の通り年金形式で受け取るのが一番得であると言えます。

 

年金形式での受け取り方には「終身年金」「確定年金」「有期年金」の3つがあります。

 

終身年金

終身年金は、公的年金と同じ形式で生きている限り、一生年金を受け取れます。一生受け取れるので安心ですが、亡くなるとそれ以降は給付されません。早めに亡くなってしまうと、受け取った額が支払った額より少なくなってしまって結果として元本割れになったり、返戻率が低かったりします。また、保険料も高めです。

 

確定年金

確定年金は、決められた期間だけ年金が受け取れる形式です。5年・10年・15年という場合が多いです。この期間に、本人が亡くなってしまったとしても、期間中は必ず給付されます(遺族が受け取ることになります)。絶対に掛け捨てにはならず、原則として元本割れになりません。

 

有期年金

有期年金は、確定年金と同じく決められた期間だけ年金が受け取れる形式ですが、確定年金とは違って本人が亡くなってしまうとそれ以降は支給されません。亡くなる時期によっては元本割れになってしまいますが、そのぶん保険料は安くなっています。

 

これらの特性から、保障を除いた養老保険の形式に似ているのが個人年金です。
保障ではなく積み立てのみなので、果たして個人年金を保険と呼んでいいものか甚だ疑問が残るところですが、公的年金がこの先もらえるかどうかもわからないような現代の状況を考えると、契約時に提示された金額の年金が支給される個人年金を将来の資産として用意するのはとても良い方法かもしれませんね!

 

学資保険と個人年金選びは保険のビュッフェがおすすめ!

解約返戻金の返戻率が高い学資保険や、契約時に提示される金額が高い個人年金は、生命保険会社によって異なります。
そのため、より価値の高い学資保険や個人年金を選ぶのであれば、複数の生命保険会社に精通しているファイナンシャルプランナーのアドバイスは必須になります。
保険のビュッフェは、10社以上の生命保険会社を取扱い出来るプロのファイナンシャルプランナーがいるので、相談するにはおすすめと言えますよ。