独身男性の保険見直しポイント

独身男性の保険見直しポイント

生命保険に加入していない独身男性は、生命保険は残される家族のためにかける保険というイメージを持っているのではないでしょうか。
そう考えると、家族がいない自分には生命保険は不要であると考えてしまうのも頷けます。
確かに生命保険にはそのような特徴もあります。

 

しかし、それは死亡保障といわれるものであり、生命保険の全てではありません。
独身の男性が加入する場合の死亡保障については、葬式代ぐらいを考慮しておけば十分でしょう。

 

扶養する家族がいない場合、何千万も保険金が必要となることはないからです。
そのような死亡保障の手厚いプランを選んでいると、高額な保険料を無駄に支払うことになるので注意してください。

 

独身男性の保険見直しポイント

独身男性の保険見直しポイントは、死亡保障ではなく医療保障を重視すると良いです。
事故や病気などで入院することになった場合、収入がなくなってしまいます。独身であれば、他の家族の収入も期待できません。

 

そのときに大きな支えになるのが医療保障というわけです。
若い男性の場合は、特に医療保障が必要となります。なぜなら貯蓄が少ないからです。

 

貯蓄があれば、収入がなくなってもしばらくは生活できます。貯蓄がない独身男性は他の方法で生活資金を工面しなければなりません。医療保障が十分あれば、その心配を大きく減らせます。

 

独身の間は医療保障を優先しておき、結婚と同時にプランを見直すのが一般的です。家族が増えるにつれ、死亡保障のかけ金を増やしていけば良いでしょう。

 

保険の見直しは保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーに相談するのがおすすめですよ。

独身男性の保険見直しポイント関連ページ

独身女性の保険見直しポイント
独身女性の保険見直しポイントはおおむねは女性が心配な病気を重点的にカバーするものや、傷跡を残さないための費用を負担する保険や、ボーナス付きの保険の3点に集約することができます。