独身社会人が加入しておきたいおすすめの保険内容。医療保険は必要?

独身で加入しておきたいおすすめの保険内容について。医療保険は必要?

社会人

学生から社会人になるときに初めて保険について考える人は多いです。
独身の時と家庭を持った時とでは入る保険が違うことが多く、独身の人でも更新の時に自分が加入している商品を見直して新しい商品を選び直す人が増えています。

 

独身は医療保険を重視する傾向が強い

一般的に独身の場合は医療保険を重視する人が多いです。
保険というのは絶対に必要なものではないものの、大多数の人が万が一の備えのために入っています。

 

無理して高い商品を選ぶ必要はありません。と言うのも、日本の場合は世界の基準から見ても社会保障制度が充実している国なので、民間の保険に入らなくてもある程度の保障が受けられるからです。

 

保険に加入する時には出来るだけ最初から慎重に考えて、自分のライフスタイルにあった無駄のない商品を選ぶことが大事です。

 

社会人になると会社に生命保険の営業の人が来ておすすめの商品を紹介されることがあります。
営業の人は会社の利益になるように商品をすすめるので、言っていることを鵜呑みにしてはだめです。

 

新社会人になると保険に加入するのが大人になるステップの様に思う人もいますが、不必要な保険に加入するのはお金を無駄使いする事になります。

 

生命保険や医療保険に加入する時には、営業の人の言う事ではなく、ファイナンシャルプランナーなど中立な立場の人に相談をするようにしましょう。

 

独身は大きな死亡保障は必要ないが医療保険は大切

独身で若い人の場合、大きな死亡保障は必要ないです。日本では、病気やケガをしたときに補償を受けることができる医療保険に入っている人が多いです。

 

しかし独身でまだ貯金が少ない場合、医療保険は重要です。ケガや病気で入院すれば、治療費がかかります。仕事に影響が出ることも多く、体の状態によっては長期間会社を休むことも考えられます。

 

種類がたくさんあるので選択する時に悩む人も多いですが、おすすめなのは掛け捨ての終身医療保険です。

 

このタイプは料金が安くて一生涯保障が続きます。契約時のまま保険料も上がらないので安心です。

 

一方で、日本の場合はアメリカなどに比べて公的な医療保険制度が充実しているため、必要ないと考える人もいます。

 

ファイナンシャルプランナーなど業界のプロであっても必要という人と不要だという人がいます。

 

不要だという人は、健康保険制度のことを話す人が多いです。国民皆保険によって手厚い医療保障を受けることができるため必要ないという考えですね。

 

また、医療費が高くなり経済的な負担が大きくなった場合には、高額療養費制度があります。この制度を使えば、一定額を超えたときに払い戻しを受けることができるので、ある程度貯金がある独身者であれば医療保険も不必要と考える事が出来ます。

 

加入する医療保険の保障内容によるものの、病院に入院する日数が長くなり支払い限度日数を超えてしまうと、越えた部分については給付金がもらえない事もあります。医療費が全額補償されるわけではないので加入する時に商品内容をしっかりと確認しておきましょう。

 

医療保険に加入するメリット

もちろん、医療保険に加入することのメリットもあります。
医療保険に加入していないと入院費用などを全て自分で負担することになります。
毎月コツコツお金を貯めていても、一気になくなってしまう可能性もあります。
独身でも一人暮らしをしていると、思わぬ大病をしてしまった時に家賃と入院費用を同時に支払わなければいけません。
また、給与も支給されないとなると、傷病手当金があるとは言ってもかなり経済的に苦しくなってしまいます。

 

給付金が支払われることがわかっていれば、万が一の事があっても精神的に楽になり、治療に専念する事が出来ます。

 

更新時期で見直す場合は、現在の経済状況や仕事の内容、家庭環境などを考慮して決めるようにしましょう。

 

独身の死亡保障は貯蓄タイプがおすすめ

独身であっても死亡保障を検討している人はいます。
そのような場合は貯蓄型タイプがおすすめです。

 

貯蓄型タイプであれば死亡保障が付いて同時に貯蓄もできます。将来、自分が払い込んだ保険料よりも増える上に死亡保障にもなる商品は人気があります。

 

但し20代から30代の若い独身の場合は収入が不安定な人もいるので、毎月の支払いが高い商品は避けた方が安心です。

 

終身医療タイプは若い独身者に人気

終身医療タイプは安い保険料で一生涯の保障が受けられるので若い世代の加入者も多くなっています。

 

民間の商品は一定期間だけ保障を得ることができる定期型と一生涯の保障を得ることができる終身型があります。

 

定期型

定期型は10年など保障期間が決まっていて、ある年齢までは自動的に更新する更新型と満了型に分かれます。
更新型の場合は若いうちは支払う料金が抑えられますが、徐々に支払う額が上がっていきます。

 

終身型

終身型は保障が一生涯続くタイプで、一生料金を支払う終身払いと決められた年齢や期間で支払いを終了する短期払いに分かれます。支払う料金は終身払いも短期払いもずっと変わることがないです。

 

医療保障を特約にする

医療保障を特約として付けて医療保障を確保する人もいます。
日本は高齢者が多くなり、定期型の商品だと物足りなさを感じる人も増えています。一定の間は手頃な保険料で保障が受けられるというメリットもあるので、特徴を上手に活用することが大切です。

 

短期払いの場合は短い期間で支払いを終えるため、毎月支払う料金は高くなるものの、支払いが終われば後は保険料がかからず一生涯の保障を得ることができます。支払いを終えてから長生きすれば、終身払いよりも得をすることになります。
終身払いも短期払いもそれぞれメリットとデメリットがあるので、よく検討して自分に合った商品を選ぶことが大切です。

 

独身の保険まとめ

独身で若い人は健康で元気な人が多いため保険に入っていない人もいますが、ケガや病気で長く入院することになればそれだけ自己負担が多くなります。独身であっても貯蓄をして保険に入っていれば、いざという時に自分を守ることができます。

 

独身の人でどのような保険に入ったらよいか悩んでいる場合は、保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーなど専門家に相談すると適切なアドバイスをもらえます。

 


独身社会人が加入しておきたいおすすめの保険内容。医療保険は必要?記事一覧

独身男性の保険見直しポイント

生命保険に加入していない独身男性は、生命保険は残される家族のためにかける保険というイメージを持っているのではないでしょうか。そう考えると、家族がいない自分には生命保険は不要であると考えてしまうのも頷けます。確かに生命保険にはそのような特徴もあります。しかし、それは死亡保障といわれるものであり、生命保...

≫続きを読む

 

独身女性の保険見直しポイント

女性が一番お金を貯めることができる時期が独身時代です。結婚してしまうと自分が得た収入は、家族や子供のために消えてしまいます。今頑張って貯蓄を行えば、やりたいことがあった時に躊躇なく挑戦をすることができるようになります。住宅を購入したいときや、マンションを購入したくなった時などの頭金にしたり、老後の年...

≫続きを読む