定期保険・終身保険・養老保険の違い

定期保険・終身保険・養老保険の違い

一定の期間を定めて保障する保険、だから定期保険といいます。終身保険や養老保険と比べて、保険料が安く済みますが、一定の期間が過ぎてしまえば保険金は支払われませんし、自分が払ってきた保険料も戻りません。掛け捨てといわれます。
しかし、子育ての期間に保障を厚く備えたいけれど保険料は抑えたいと考える場合には有用です。子育て時期というお金のかかる一定期間を重視するのに当てはまります。
定期保険ですと、定期的に更新をすることによってその時その時に合わせて保障を見直すことが出来るのが良いところです。
しかし、以前は健康上問題もなく保険に加入することが出来たのに、今回は入れなくなったという状況もあり得ます。また、保険料は年齢が若い方が安くなるので、同じ補償内容であっても更新するたびに保険料がアップしていきます。
終身保険は保障が一生続き、自身の終わりまで保障されるから終身保険と言います。
こちらは、掛け捨てであった定期保険とは異なり、途中で解約する時には解約返戻金があります。
また、いつ死亡しても一定額の死亡保険金が受け取れます。

 

保険料は、定期保険より高くなりますが、養老保険より安いです。この時期に病気にかかると前もって分かるわけではないので、医療保険やがん保険は一生続く保障が必要になります。
そのため終身保険で備えたい保険です。

 

養老保険は、定期保険のようにこの期間までと保険期間が決まっていますが、その期間を満たせばそれまでに支払った保険料に利息分を加えた満期保険金が受け取れます。
養老保険は、貯蓄の機能を持った自分の老いを養うための保険と考えれば良いです。ただし保険料は最も高額になります。個人年金保険や学資保険が当てはまります。

 

死亡保険金は、定期も終身も養老の各保険あります。
保険期間があるのに満期保険金が受け取れるのが養老(だから貯蓄性が高い)受け取れないのは定期、一生ずっと保障が受けられるのが終身というのが各保険の大きな違いです。

 

定期、終身、養老とその特徴を分かったうえで自分の目的に合わせた保険を選ぶのが自分にとって満足のいく選択にないます。