保険のビュッフェセミナー「お金のなんでも相談会(ケーキバイキング付き)」の口コミ

保険のビュッフェセミナー「お金のなんでも相談会(ケーキバイキング付き)」の口コミ

ヒルトン名古屋

 

ヒルトン名古屋で開催された保険のビュッフェ主催「お金のなんでも相談会」へ行ってきました。

 

なんと今回はプチケーキビュッフェ付き!お金の相談が無料でできてヒルトンのケーキも食べられるなんてチャンス、なかなかありませんよね。子連れ参加もO.K.ということなので、私はワクワクしながら申し込みました。

 

ところが。こちらの相談会、参加者多数の場合は抽選があるというのです。当選発表は開催日の約1週間前とのこと。メールが届くまではちょっと心配でしたが、無事当選して参加することができました。

 

申し込みしてすぐに当落がわかると予定を立てやすいのですが、申し込みから発表まで2週間ほど間があったのでちょっとドキドキしました。

 

保険のビュッフェ「お金のなんでも相談会」セミナー当日

さて当日、私は5歳の娘を連れてヒルトン名古屋へ向かいました。ホテルの大きさ、豪華さに私も娘も大興奮です。

ピーターラビットの「ベリーハント」

1階にあるロビー・ラウンジの入り口には、開催中のデザートビュッフェの看板「ピーターラビットのベリーハント」の看板が立てられています。

 

ウサギ大好きな娘は大はしゃぎ。私は「ここで出るケーキが食べられるのかな?」とうれしくなって店内をのぞき込んでしまいました。

 

さて、会場となるのは28階のワンオーファイブという会場。ホテルの奥の方にあるエレベーターで私たち親子は会場のあるフロアーまで上がりました。

 

早めに到着したせいか、まだあまり人はいないようでした。軽く受付を済ませ、私は娘を連れてまずはキッズコーナーへ向かいました。

キッズルーム

 

セミナー会場とは別室に設けられていたキッズコーナーはとても広く、大きく仕切られた授乳コーナーのほか、ベビーベッド、ジョイントマットを敷いたプレイスペースがゆったりと余裕を持って設置されていました。

 

もっとせまいものをイメージしていたのですが、良い意味で期待を裏切られました。娘は絵本や積み木、折り紙など用意されているおもちゃ類に興味津々。託児の申込用紙を書いている間には、すっかりその場に馴染んで遊んでいました。

 

お世話をしてくださるスタッフの方たちもとても親切で、安心して娘を預けることができました。こんなふうにセミナーに集中できる環境を用意していただけるなんて、本当にうれしいですよね。

 

さて、私はセミナー会場に向かいました。こちらも非常に広く、結婚式の披露宴に使うような大きな丸いテーブルが10卓、そのまわりにFPさんとの面談用のテーブルセットが20セットほど、そして窓際にはケーキやコーヒー・紅茶が並ぶと思われる長いテーブルが用意されていました。

セミナー会場のテーブル

丸いテーブルにはそれぞれ10席ほど椅子が用意されていました。

 

となりの方との距離が近かったので「全員座ったらすごくせまくなっちゃう」と不安だったのですが、結局席は全部は埋まりませんでした。

 

どのテーブルも4人程度ずつ着席し、正面のプロジェクターがよく見える位置に座れるように配慮してくれているようでした。

 

セミナーに参加していたのは、私のように子どもを連れている方がほとんどでした。赤ちゃんも多く、お子さんをベビーカーに乗せたり抱っこ紐で抱っこしている方がいっぱいいらっしゃいました。中にはご夫婦で参加している方たちや3世代で参加している方たちもいて、皆さんの関心の高さがうかがわれました。

 

私もそうですが、子どもが生まれると将来のことが心配になりますよね。家族でしっかり将来のお金のことを考えたい、という気持ちはだれも同じなんだなぁと思いました。

 

セミナーの講師は東海地方出身のアラフィフの女性でした。お子さんが4歳の時にFPの資格をとり、個人のみならず法人のコンサルティングも数多く手がけた方とのことです。

 

子さんは先日高校を卒業されたそうで、私から見れば人生の大先輩という感じでした。

 

「保険のビュッフェ」ということなので保険の話がメインなのかと思っていましたが、講師の方から保険の話はほとんどありませんでした。

 

しかし、今後の私たち家族にとって参考になるお金の話をわかりやすくていねいに講義してくださいました。

 

ます「FPとは」ということで、お話がありました。FPとはファイナンシャルプランナーのことですが、お医者さんが患者さんごとに診断や処方を出すのと同じように、FPもそれぞれ背景や事情の異なる家庭にとって最適のプランを提案をするものだというお話がありました。

 

それを聞いて、FPさんというのは家計のお医者さんなのね、とすごく納得しました。

 

次に「家計の支出を見直すコツ」として、食費などを削るのではなく固定費の見直しが肝心であること、そしてどの家庭にも少なからずある「雑費(使途不明金)」をしっかりチェックすることが大切であるとのお話でした。

 

雑費を貯蓄するだけで子どもの大学4年間の学費がまかなえる可能性もあると知って、ちょっとショックでした。家計のチェックって大切ですね。

 

「金利の重要性」のお話では、金利の高かったバブル期には100万円の預金が20年かからずに200万円になっていた話を聞いて、バブルのすごさを再認識しました。

 

今の金利はバブル期の100分の1にも満たないケースが多いので、金利って本当に大切ですよね。

 

そして「単利と複利の違い」については、利息に利息がつく複利がいかに有利であるかをグラフで説明していただきました。単利か複利かなんて考えたことがなかったので、これからはしっかり考えて賢くお金を増やさなければって思いました。

 

「老後にどの程度資金が必要か」というお話では、65歳以降夫婦二人で4000万円くらい必要と聞いて気が遠くなってしまいました。

 

また、年金は保険料などがひかれるので思っているほどもらえないということも聞き、がっかりしました。

 

私の両親も夫の両親も年金しかもらっていないはずなのに車を買い替えたり旅行に行ったりしているので、年金って結構もらえるのでは?と思っていたのです。でもやはり老後の備えは重要だということを知り、気が重くなりました。

 

また「入院や通院で働くことが困難となった時に何が頼りになるか」というお話では、傷病手当金や障害年金は給付期間に制限があること、そして傷病手当金は国民年金の人は対象外と聞き、ますます気が重くなりました。

 

一方で高額療養費制度はだれでも利用できると知って、ちょっとホッとしました。病気にならないこと・ケガをしないことが一番ですが、使える制度・使えない制度があることを知っておくことは大切ですよね。とても勉強になりました。

 

さらに「どういった方法でお金を増やすのがおすすめなのか」といったお話も少しですがありました。

 

やはり通常の預金などローリスクのものは安心だけれども、それらはたいていローリターンです。だからといってハイリターンを見込んで株式やFXに手を出すと、リスクに潰されてしまう可能性があります。

 

そこで金利の低い今の時代は、ミドルリスク・ミドルリターンの外貨建て預金などがおすすめとのことでした。

 

夫が株をやっているので「株式=ハイリスク」という認識があまりなかったのですが、株ってハイリスク投資だったんですね…。元本割れする前に投資先を見直すよう、夫に言ってみようと思いました。

 

セミナー時間は30分しかなかったのでお話はどれも短かったです。要点をおさえたお話だったのでわかりやすかったのですが、できればもっとしっかり時間をとってお話を聞きたいと思いました。

 

さて、講師の方のお話のあとはFPさんとの個別相談とケーキビュッフェです。

 

個別相談は受付順で、前半組と後半組に別れているようでした。前半組は個別相談のあとにケーキ、後半組はケーキのあとに個別相談、という感じでした。

 

前半組の人もちゃんとケーキが食べれるように「ケーキは1人5個まで。次のアナウンスがあるまでおかわりはしないでくださいね。」との説明がありました。

 

またケーキブースに人が殺到しないように、数人ずつケーキブースに案内されるという徹底ぶり。

 

私は早い時間に受付を済ませていたので個別相談は前半組だったのですが、ケーキの心配をすることなく、FPさんとの相談に集中することができました。

担当FPの名刺

FPさんとの個別相談に際しては、なんとFPさんが相談の席までエスコートしてくれました。顧客(になるかもしれない人)をすごく大切にしてくれているんだなって思いました。

 

私を担当してくれたのはナイスミドルな男性FPさんでした。我が家は娘(1人)の将来に対する貯蓄は(おじいちゃんおばあちゃんの協力もあって)十分な額があるのですが、私たち夫婦の将来に関することはあまり考えていませんでした。とりあえず、今が必死で将来のことが考えられない、そんな感じなのです。

 

FPさんには夫の生命保険についてみていただきました。そして補償内容や満期に返ってくる金額に対して負担額がちょっと大きすぎるのでは?という指摘をしてくださいました。

 

保険の負担と内容が釣り合っているかどうかは素人ではよくわからないので、本当にありがたいです。

 

ローンの繰り上げ返済の要否については、残額も月々の返済額もそれほど大きくないけれど、今後の金利の動向によっては繰り上げ返済よりも貯蓄に回したほうが良いかもしれませんね、というアドバイスをいただきました。金利、重要ですものね!

 

また、収入や固定費だけでなく、車の購入サイクルなどもしっかり考えましょうというお話がありました。確かに車は高い買い物ですし、いずれ買い替えを考える必要のあるものですものね。

 

収入と固定費のみに目が行っていた私の弱点をしっかり見抜いてくれました。本当に頼りになります。

 

ただ、個別相談は20分程度だったので大雑把なお話しかできませんでした。FPさんからは「貯蓄を開始するタイミングも、どれだけ貯蓄するべきかのアドバイスも、マネーフローが不明のままではどうしようもありません。マネーフローをしっかり考えましょう。」とマネーフローの大切さを指摘されました。

 

恐れていたしつこい勧誘もなく、本当に安心してお金の相談をすることができました。

 

ケーキビュッフェバイキング

 

さて、個別相談のあとはお楽しみのケーキタイムです。

 

子ども用のケーキは用意されていないとのことでしたが、私の分を娘にあげるのはO.K.ということでしたので、キッズルームに娘をむかえに行きました。機嫌よく遊んでいた娘ですが、「ケーキ食べに行くよ!」と言ったら大喜びでした。

 

ケーキはヒルトン特製ベリー系ケーキでした。ピーターラビットの名前は出てきませんでしたが、開催中のデザートビュッフェの内容と同じものかよく似た内容だと思います。

 

ベリーのソースがかかったパンナコッタやムースケーキ、ラズベリーのムースやベリーの入ったチョコケーキ、シュークリーム、ゼリーなどどれも美味しそうで迷ってしまいました。

 

迷いに迷って選んだケーキは結局娘にほとんど食べられてしまいましたが、娘も私も大満足な1時間半でした。

 

>>http://www.hoken-buffet.jp/(保険のビュッフェ公式ホームページ)