アカウント型保険とは?メリット・デメリットをご説明致します

アカウント型保険とは?メリット・デメリットは何があるの?

生命保険の一種であるアカウント型保険ですが、初めて耳にした方や内容までは詳しく知らない方も多いかも知れません。
正式には「利率変動型積立終身保険」とも呼ばれているものの、なんだか文字だけでは良くわからないです。

 

保険選びの際には知っておいて損はないタイプなので、具体的にはどのようなものなので、どのようなメリット・デメリットがあるのか見ておくことにしましょう。

 

そもそもアカウント型保険とはどんな保険?

アカウント型保険とは生命保険の一形態になりますが、特徴としては銀行預金のような積立金のような面を持っています。

 

終身保険に定期保険を組み合わせた「定期付終身保険」から切り替わる形で、生命保険の大手から販売されていました。

 

なお呼び方となっているアカウント型保険とは、積立金と保証を運用するための専用口座が「アカウント」と呼ばれていることが由来です。

 

このアカウント型保険とは保険料と共に一時金をいくらか払い込むことで、主契約である積立金と特約部分の保障をセットで運用するのが特色です。

 

この積立部分と保障部分の割合比率は色々なパターンが用意されていて、任意で決めていくことも出来ます。

 

積立金には利息がプラスされていきますから、保険に加えて資産運用としての側面もあるわけです。

 

払込期間を終えると積立金の部分を活用して、そのまま一時払いの終身保険険などに移行することで、連続的な資産運用を可能としています。

 

定期付終身保険との決定的な違いは、アカウント型の方がケースバイケースで多彩な運用が可能な点です。定期付終身保険に比べると、積立金部分の運用についての選択肢が多くなっており、自由度が高いです。

 

積立金は一定の条件で自由に引き出すことも出来ますから、流動的な資産運用を考えたいかたに適した保険と言えます。

アカウント型保険のメリット

アカウント型保険とはメリットの多さでも魅力的です。

 

まずは上記のように積立金を取り崩せるので、流動的な資産運用が可能となります。

 

資産運用や保険商品を選ぶ際に、気になるポイントとしては払い込んだお金は、自由にできないと言うのは大きなデメリットです。

 

もしも定期預金や積立金が取り崩せないと、なんらかのトラブルで急にお金が必要になった時に困ってしまいます。

 

お金は持っているけど現金にできないと言うのは、急を要する場合ではリスクになりますが、アカウント型保険では積立部分は崩せるので安心に繋がります。

 

加えてアカウント型保険とは保険料の支払いも、家計に合わせて変動できるのが大きな特徴です。収入が増えて余裕がある時には多めに払い込んで、逆に家計が苦しい時には支払いを絞ることも可能。

 

柔軟な運用が可能なので、固定の保険料では心配な方にも選択肢となるでしょう。

 

また特約を組み合わせやすいのも魅力的で、終身保険だけではなくて定期保険や医療保険をセットにして運用することが可能です。

 

一つのアカウントから多彩な方面のリスクに対処できるので、利便性は高いと考えられるかも知れません。

 

この特約部分は掛け捨てになってしまうのが基本ですが、万が一の解約の時には積立分が返戻されるのが通常ですから、この点でも安心です。

 

デメリットにも注意しよう

このようにアカウント型保険とはメリットも魅力的ですが、注意しておきたいポイントもあります。

 

まず通常の保険商品に比べてかなり複雑な仕組みを持っていることは、嬉しくない点の一つ。

 

色々な保険や特約を任意で組み合わせられると言う自由度の高さのために、逆に全体像を理解するのが難しくなっています。

 

また特約部分については更新があるのが通常ですが、契約が新しくなる度に保険料は増していくのが通常です。

 

このために医療保険だけを考えると、他の手段を活用したほうがリーズナブルになる可能性があります。

 

しかもこの特約部分に支払う料金は、積立にはなっていない点には要注意です。支払った全額が積み立てられていると勘違いしてしまうと、かなり後悔する結果になるので気をつけて下さい。

 

特約については別に告知が必要になる場合もあり、必ずしも自由に組み合わせられるわけではありません。

 

特約を組み合わせたり、逆にやめたりと言ったことはできるのですが、一部に制約が付くのはチェックしておきましょう。

 

最後にデメリットとしては要注意なポイントですが、積立はしっかりと払込を行わないと、やはり増えません。

 

中々払込が難しかったり、途中で取り崩してしまったりして、最終的には目標通りには積み立てられていないケースもあるようですので、この部分は計画性が大切と言えます。

 

アカウント型保険まとめ

アカウント型保険とは、このようにメリットも多いものの、デメリットにも気をつける必要性が高い保険商品です。

 

上手に活用できれば自由度が高くて便利かと考えられますが、良くわからないままに特約を沢山組んだりすると、良い結果にはならないかも知れません。

 

比較的に難し目の保険商品となるので、加入の際にはしっかりと保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーに相談し、他の色々な商品とも比較して選んでいくのが好ましいでしょう。

 

他の保険商品もそうですが、その保証や特約は本当に不要か必要かをしっかりと見極めることが大切です。