保険のビュッフェ無料相談の流れ

保険のビュッフェ無料相談の流れ

保険のビュッフェで無料相談する全体的な流れをご説明いたします。保険相談する上で、一番のポイントとなるのは、ファイナンシャルプランナー。保険のビュッフェでは、インターネットで予約をすると、後日担当者から電話もしくはメールで連絡が入ります。

 

この記事では、コールセンターに電話をしたり、保険のビュッフェのFPに確認して、【保険のビュッフェ】の無料相談キャンペーンに迫ってみました。

 

 

保険のビュッフェって、どんな会社?

まずは保険のビュッフェについて概要を説明いたしましょう。
保険のビュッフェは「保険を紹介する」と、言うよりは「FPを紹介する」と捉えていただくとわかりやすいです。いわば、FPとお客様の仲介業者です。

 

保険のビュッフェの強み
  • 全国対応(一部離島は除きます)
  • 何社分もの保険診断、商品提案、契約代行まで、全て承ります
  • 無料相談は何度していただいてもOK!最終的に保険に入らなくても大丈夫!
  • 経験豊富な凄腕FPがご案内。出張相談だって承ります!

従来の保険会社や保険ショップで提案される保険とは違った形で保険の見直しをすることができます。

 

無料相談なんて、話がうますぎない?

「無料相談なんて、あやしい!勧誘がしつこいんじゃない?」
そう思う方もいらっしゃるかもしれませんね!
保険のビュッフェは、店舗を持たず、他社のようにテレビCMを大量に流していないので、その分集客コストを削減しています。この抑えた費用分を無料相談として還元しているのです。
もちろん、相談したからといって保険に加入しなくても大丈夫!
当キャンペーンをきっかけに面談をし、保険の持つ意味や、将来加入するタイミングに何を考えるべきか。といったヒントを受け取り、持ち帰っていただきたい。とおっしゃっておりました。
真剣に相談する人には親身になって聞いてくれるし、しつこい勧誘もしないようにしているとの事。

 

 

 

無料相談の申し込み

保険のビュッフェ申し込みフォームhttps://www.hoken-buffet.jpでお申込みをしていただきます。

 

  1. 日程・場所・担当FPの調整
  2. 申し込み後一週間以内にメールかお電話で連絡があります。ご自身の要望や予定をメールで返信したり、オペレーターにお伝えください。

     

  3. ご相談
  4. 全国どこでも担当FPが直接訪問。ご自宅、近くの喫茶店でもよし、またはFP事務所に自分で行くのもアリです。相談は何時間でも、何回ご相談でも、料金は発生しません。 納得・安心できるまで相談することができますよ!

     

  5. 保険加入(希望者のみ)
  6. ご希望すれば、そのまま担当FPから生命保険に加入することも可能です。 その際は何社にも渡る各保険会社との加入手続きも、FPが無料で代行してくれます。
    保険のビュッフェのFPは10社以上の保険会社を取り扱えるので、様々なプランからご自身に合った保険を選ぶことが最大のメリットです。

     

     

     

    保険のビュッフェで相談する時の注意点は?

    実は、無料相談出来ない条件が申込みページに書かれてありますので事前に確認しておきましょう。

    • 現在、病気で治療中の人(入院・薬を服用中・要検査・入院や手術の予定がある人)

      注)1

    • 既往症がある人(以前に病気にかかったことがある)

      注1)

    • 刺青が入っている人
    • 過去に保険のビュッフェのキャンペーンを受けたことがある人(申し込みは、一世帯一回までです)
    • 過去に保険のビュッフェのと提携したFPの面談を受けたことがある人(過去に他社を通じて面談をされている場合、面談を担当したFP名をおうかがいし、FP名をご開示いただけない場合は、面談をお断りする場合があります)
    • 保険会社・若しくは同業他社、あるいは生命募集人登録のある人
    • 無職(主婦の方は除きます)・休職中の人
    • 危険度の高い職業の人
    • 離島などの一部地域にお住まいの人
    • お申込者・配偶者以外の相談で、相談対象となるご本人に同席いただけない人
    • 自宅面談の時、玄関先で面談が行われた人
    • 面談場所が自宅以外(ファミレス、カフェなど)を希望の人で、携帯電話をお持ちでない、もしくは携帯電話番号を教えていただけない人
    • 充分な相談時間(1時間半〜2時間程度)が取れず、相談サービスが途中で終了してしまった人
    • 申込み時の入力内容で虚偽の記載または不備、いたずら、その他不正表記などがあることが分かった人
    • 住所・電話番号が不明および長期不在などにより、連絡やプレゼントのお届けができない人
    • 保険のビュッフェのキャンペーンを重複してお申込みを行ったことが人。また、それが判明した人
    • ブラウザーのクッキー設定を有効に設定されていない環境で申し込みされた人
    • 暴力団、暴力団関係者もしくは反社会的勢力と弊社が判断した人
    • 19歳以下の方、61歳以上の人
    • 上記項目のいずれかに該当する人のご家族

     

    「こんなにあるの?」と思う方もいらっしゃると思いますが、これにも理由があります。
     例えば日常、あるいは将来起こるリスクは人によって千差万別です。それらが全て同じ条件で保険に加入してしまうと、契約者間の公平が保てなくなり、保険制度は健全な運営ができなくなります。
     そこで、契約者間の平等を保つために保険会社は契約前に「危険選択」をして、各々の契約が適切かどうかを判断します。
     では、生命保険における「危険」とは何でしょう?

     

    身体上のリスク

      被保険者の身体・健康上の危険のこと。現在病気や怪我で治療中、入院中。あるいはその予定がある方はこのリスクがあります。「既往症」と言って、過去に罹った慢性的な疾患もこのリスクに当てはまります。

     

    環境上のリスク

      被保険者の生活環境全般の危険のこと。主に、被保険者の職業・仕事の内容による危険を指し、怪我や疾患をする可能性が一般的な仕事よりも高い業種に就いている方はこのリスクにさらされている可能性があります。

     

    道徳上のリスク

      保険を利用して、不当な利益を得ようとする心理状態のこと。
    例えば、保険金殺人が加入目的である場合、入院給付金不正受給が加入目的である場合などです。

     

    上記のものが、一般的に生命保険会社が「危険選択」をする際の基準となります。

     

     

    迷ったらとにかく保険のビュッフェに相談してみよう!

    長々と書いてきましたが、保険のビュッフェの無料相談を受けるためには

    • なにはともあれ申し込みをする。
    • 健康な方が望ましい
    • 危険な職種についていないことが望ましい
    • でももしそうだったら、自分の健康状態や、仕事の環境などをありのままに伝える
    • ズルや、虚偽をしない
    • なにより、真剣に保険について考え、相談をしに行く

    などなど。かいつまんでお話すると、シンプルなことです。

     

     

    保険のビュッフェで確実にファイナンシャルプランナーに相談する裏技!

    申し込み時点で健康で安定した職に就いていて、既往症が無い人はもちろんファイナンシャルプランナーに相談出来ます。
    しかし、ほとんどの人は何がしかの病気や既往症があるのではないでしょうか?
    そんな人は、

    1. まずはインターネットで申し込む
    2. 電話やメールでは、病気や既往症の事には触れない
    3. FPとの面談時になって「例えば・・・だと加入出来る保険はないんですよね?」と通院や既往症について探りを入れる。

    →紹介してもらえる様であれば、正直に話して相談しましょう。
    もしも、ご自身の状態では入れる保険が無いと分かれば、病気の事には触れずにそのままFPの話しを真剣に聞いて終わらせましょう。
    しかし、実際には病気や既往症、服薬中でもほとんどの場合、保険のビュッフェでは提案してくれる生命保険があります!
    例えば最近急増している「うつ病」で服薬中でも、加入時の保険料が高くなったりはしますが、提案してくれる生命保険はあるとの事でした。
    但し、ガン(もしくは一部の特別な病気)はどこの生命保険にも加入は出来ないとの事。

     

    万が一、その時点で加入出来る保険がなかったとしても、病気が改善した時点でFPさんとの相談内容は必ず役に立つはずです

     

    つまり、いずれにしてもファイナンシャルプランナーに無料相談する事は出来ます!

     

    保険のビュッフェは、あくまでFPと相談者の仲介役に過ぎません。
    そのため、既往症や服薬中の方は相談出来ないと言っていますが、実際には保険のビュッフェの大半(90%)を占めるFPさんが所属している「あんしんFPパートナー株式会社」のFPさんは既往症、服薬中等があっても何がしかの生命保険を提案してくれるだけの力があります。

     

    そのためには、まずはインターネットで申し込む事。
    実際、私の知り合いに電話で申込みをした人がいたのですが、電話で「現在病気で服薬しているのですが・・・」と言ったら、その時点で、コールセンターの人に断られたそうです。

     

    「あんしんFPパートナー株式会社」のFPさんであれば、加入出来る保険を提案してくれる可能性はかなり高いと考えて結構です。

     

     

    まとめ

    保険は「家の次に高い買い物」と言われている程、高額な商品です。
    真剣に相談すればFPさんも真剣に相談に載ってくれますよ。
    【保険のビュッフェ】では強引な勧誘はありませんので、無料相談に気軽に申し込みをするのがおすすめです。

     

    ↓↓保険の無料相談が出来る保険のビュッフェ↓↓

     

    >>http://www.hoken-buffet.jp/(保険のビュッフェ公式ホームページ)